TOP > 国際 > 中国・武漢の台湾人、約半数が退避 中国当局がチャーター機手配 - 毎日新聞

中国・武漢の台湾人、約半数が退避 中国当局がチャーター機手配 - 毎日新聞

14コメント 登録日時:2020-02-04 01:52 | 毎日新聞キャッシュ

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が集中する中国湖北省武漢市から台湾人を乗せたチャーター機が3日深夜(日本時間4日未明)、台湾の空港に到着した。台湾中央通信によると、中国当局が手配し、武漢市に残っていた台湾人の約半数にあたる248人が退避した。中国政府は台湾当局からの移送要請を拒否してきたが、武漢...

ツイッターのコメント(14)

台湾は帰国させるにあたり裏ですごい交換条件があったらしい。櫻井よしこ曰く
日本も帰国させる交換条件だった可能性あり?
マスク、防護服の中国への支給。
中国政府、遅ればせながら、ここは親切にしたほうが、台湾工作に好影響と気づく
中国が「湖北省で台湾住民の感染は確認されていない」などとして拒んでいた台湾人の移送を認めました。武漢市で台湾人の感染が確認されたのが大きいようです。
『 中国当局がチャーター機手配』
中国もたまにはいいことをやるじゃないか。
中国政府は「一つの中国」を認めない蔡英文政権が2016年発足後、一方的に台湾との対話停止。
 中国は移送要請に応じた。
 台湾は移送の全員を2週間軍事施設等に隔離の方針。台湾中央通信によると、中国側は5日に第2便を運航予定。
 台湾では3日現在、10人の感染が確認。
中国已录取自己错误対台湾国。
やっとチャーター機が実現した。台湾への圧力が良く分かる。
よっぽどだな
(毎日新聞) [PR] 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が集中する中国湖北省武漢市から台湾人を乗
ようやく台湾の要求に中国が応じる。5日には第二便が出るとのこと。
以上

記事本文: 中国・武漢の台湾人、約半数が退避 中国当局がチャーター機手配 - 毎日新聞

いま話題の記事