外環道開通で県道の交通事故が3割減 生活道路への流入減り 千葉県区間 - 毎日新聞

32コメント 2020-01-28 11:51 毎日新聞

 2018年6月に東京外郭環状道路(外環道)の三郷南インターチェンジ(埼玉県三郷市)―高谷ジャンクション(千葉県市川市)間が開通して以降、並行する県道の事故件数が約3割減少したことが国土交通省関東地方...

ツイッターのコメント(32)

大泉以南も早く完成して!
- 毎日新聞
そうなんだよ~、密かに北関東からもアクセス良好。一般道とか都内の渋滞難所を通らなくてもいいから便利。逆もまた然り。#房総半島 #ドライブ
大型車が外環を通ってくれるだけで、実際かなり環境が変わるからなあ。東京も石原知事時代のディーゼル規制のおかげもあり、大気の状態や首都高の渋滞もかなり変わったように感じるし。
やはり東京外環道の千葉県区間の効果は大きいと思います。高速道路だけではなく一般道、つまり国道298号のところも。
なるほどなぁ、これは良いニュース。
トラックとか大きめの車乗る時は、どうしても死角多めだし。
大泉から先も早く開通すればもっと便利に、渋滞緩和にもなるだろうし…
こう見ると土日出勤しまくった甲斐がある
松戸~市川間って慢性的な渋滞地域だったけど、少しは解消したのかな?
難所は京成の踏切なんだけどね(笑)
偶には下道も使ってみようと思った
千葉県の場合、土地収用委員会が機能しなかったのもあるけど、反対していた市川、松戸のプロ市民の皆さん、息していますか?
西広島バイパス延伸反対者はこれをどう見てるんだろうか
 

 
PR