TOP > 政治・経済 > 「桜」前夜祭のホテル会費「いちげんの方とは商売上、扱い違う」 衆院予算委で首相 - 毎日新聞

「桜」前夜祭のホテル会費「いちげんの方とは商売上、扱い違う」 衆院予算委で首相 - 毎日新聞

35コメント 2020-01-27 21:42 | 毎日新聞キャッシュ

 安倍晋三首相と全閣僚が出席する衆院予算委員会が27日開かれた。質疑で菅義偉官房長官は、「桜を見る会」の招待者名簿の電子データ廃棄記録(ログ)を開示しない理由について「同じシステムを国家安全保障局も利用しており(記録を確認しただけで)国家機密漏えいの危険が増す。確認は不正侵入の検証などの範囲内で行う...

ツイッターのコメント(35)

自分は正しいというために理屈を考えるとこうなる。公職がある客と、一般国民である客では違うのに、一般国民が許されてるから、自分正しいと答弁したんだろうね。
事務所に収支が発生せず、後援会の会員とホテルとの間の直接契約になるのに、なぜ常連扱いになるのか?
これホテル側からの寄付にならないのか?法律上この優遇措置はどう扱われるんだろう。
それを「経済的利益の付与」、即ち「寄付」と言いますが。
ホテル側が安倍事務所に便宜を図った
と首相自ら認める。政治資金規正法では、企業および業界団体が、特定の政治家個人へ献金をおこなう行為を禁止しているが…
つまり、特別扱いされていたことをお認めになった、と。
(´・_・`).。o(物には原価、ホテルや店には格式というものがあるんだよ。それを大きく割り込んだ価格は、商売上つけられんのや)
だから政治家相手にそれやったら寄付なり何なりになるって話なんだけど…
ホテルの大幅値引きを認める発言かな?
読める範囲にタイトルの内容が含まれてなかった。ただアウトなのは分かる。/
パンピーと上級国民は扱いが違って当然ということね。一国の総理大臣が国会で言うことか。NHKは、忖度編集ばかりしてないで、この場面をそのままニュースで流してほしい。
コレの人間性がよくわかる言葉だねぇ。🙃
政治家の場合は違法献金になると言われてた話ではないの?
語るに落ちてない?  
その扱いの違いを詳しく知りたいのだよ、我々は 

ワハハ〜
ホテル側が、安倍晋三氏に裏献金をしたと言っているのと同じ。
タイトルの事柄、利益供与でグレイかアウトだろ…
下手な言い訳をするたびに貶められ続けるホテル。
これ おかしいでしょ
ゴーン氏の逃亡だとか、ログが機密扱いだとか、日本のセキュリティってザルなのが露呈。
これでオリンピックをやるんですねー、大変だー、大丈夫かー(棒読み)
「何回も使っている方と、いちげんの方とで、商売においては当然(扱いが)違うと思う」

ここで言う「何回も」というのが政府としての利用で、「扱いが」というのが安倍氏個人としてということになると、コンプラインアンス上の大きな問題、というのを確か郷原さんが指摘。
何言ってるのか理解できません。
利益供与じゃん
これ、特別に量ってもらったって言ってるんだよね。だとしたら「収賄」じゃないのかな、晋三さんよ。 ⁦@AbeShinzo
「桜」前夜祭のホテル会費「いちげんの方とは商売上、扱い違う」おい、ホテル側の「営業の秘密」はいいのか?(笑)
ホテル迷惑しないんか?
ちゃんとホテルニューオータニに了解とって一見うんたら抜かしてんだろうな?

#安倍晋三
これが国会の審議🤷‍♀️
当たり前の事だよな。
毎度毎度使ってくれる人と俺みたいに松屋の常連と同じ扱いなワケない
一国の首相がこんなバカげた発言を繰り返す。「桜」忘れたくても忘れられんわ。

「国家機密漏えいの危険が増す」
「いちげんの方とで、商売においては当然(扱いが)違う」
安倍さん、常連の客でも5000円にはならないと思いますよ。
国民を馬鹿にするような発言はやめましょう‼︎
ホテルニューオータニが手書きの領収書800枚も書きますか?
常連だから優遇された。結構。その言い分認めてやるから明細だせ。
これは今まで5000円に収まる工夫をしていたと言う答弁は嘘で、ホテルが通常料金より安くした、つまり賄賂であると認めた事になるんじゃないのかな?
優遇当然を首相が言うとはお偉いことで。安倍事務所主催(口利き?)だから安いってことだね。→
ログの確認が、どういう理由で国家機密漏洩の危険になるのか、さっぱりわからん。
きっと安倍自身もわかってない。

ログってなに?
とか、アドリブで突っ込んだらいいのに。そういうのは会話の流れだきら、質問通告とは関係ないでしょ?
俺はお前らみたいな貧乏人とは違うんじゃーって、国会答弁で言うようなやつが行政府の長ってことがこの国の最大の悲劇なんやと思う。
常連なら適正価格で儲けさせてあげて〜😆
それは「べったり癒着している」とでも言いたいのか?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR