TOP > 社会 > ORICON NEWS:「何度も潰されかけた…」勝俣州和が明かす“TV界のタブー”打ち破った過去 - 毎日新聞

ORICON NEWS:「何度も潰されかけた…」勝俣州和が明かす“TV界のタブー”打ち破った過去 - 毎日新聞

148コメント 登録日時:2020-01-22 10:48 | 毎日新聞キャッシュ

 30年以上に渡り、バラエティ番組の第一線で活躍し続けるタレント・勝俣州和。どんな大物タレントとも分け隔てなく絡める汎用性の高さから、“企画成立屋”の異名を誇るが、いることが当たり前すぎてしまうとその重要性が希薄にもなる。そういう意味では過小評価されているタレントと言えるだろう。そんな彼が、90年...

ツイッターのコメント(148)

前向きになれるとても良い記事だったので貼っておきます。

>「人より上に行きたい!」というより、「人より楽しいところに行きたい!」

ナンバーワンを目指すのももちろん大事だし向上心も大切だけど、こういう人生もキラキラしていて素敵だなぁと…
勝俣州和氏に限らず、出川哲朗氏や関根勤氏などは、それぞれ独特のポジションを持ち続けていて、求められ続けている名脇役的な位置付けですよね。むしろ、そのカテゴリをつくった人たちとも言える。
インタビュー記事読んでいて笑った😂 そして、カっちゃんの考え方が凄い。
この人は「和田アキ子の暴露話をするだけの人」としか認識していなかったのだが、そうではなかったのか???
稽古と捉えるか練習と捉えるか、、、
そんな異名があったんですね
勝俣州和が明かす“TV界のタブー”打ち破った過去「巨大空母にたった1人ビート板で向かっていくようなもん(略)巨大空母は攻撃を受けたら沈む可能性(略)ビート板はいくらひっくり返ったって沈まない(略)僕はバタ足さえ死ぬ気で頑張れば何とか前に進める」 なんかかっけーw
カッちゃんの重要度は凄いと思ってたけど、個人的には好き。
おはようございます。
朝から良記事。
独自のポジションを気づいて長年活躍する人の考え方。
芸能界で長く活躍するのは本当に難しいはず。

それにしても確かに勝俣さんは居ても居なくてもわからない。笑
勝俣さんの素敵な言葉✨

僕は、「人より上に行きたい!」というより、「人より楽しいところに行きたい!」なんですよ。
livedoor: ウンナンと仕事したら、とんねるずと共演NG…タブー打ち破った勝俣州和.

勝俣地味にすげえ
中々出来る事じゃない
こんな記事出したら「ファンマジで0人説」が崩れちゃうじゃないか!w
凄く面白くていい話。
色々と名言。巨大空母にビート板とか、富士山の日の出は八合目が空いてて綺麗とか/
「お山の頂上っていうのは、酸素の薄いから木も草も何も生えていないだろ? 長くは生きられない場所なんだよ。頂上も良いけど、ちょっと下りたところには小川も流れているし花も咲いている。そういう場所が一番住みやすいんだ」
良い記事!
既に総合的に見ても芸能界の大御所だけど、全く飾らない人柄と影で相当な努力して、厳しすぎる芸能界を颯爽と走る生き様は凄いですね。
新た時代を迎え、色々なタレントが言葉を発信する風潮になってきた
(; ̄ェ ̄)凄いね。
ビート板の話が特に心に残った。
そして、いいねがたくさん欲しい気持ちが強かったけど、いいねよりも、社長とみんなと楽しめる場所を目指そう!😺

もどうぞ
(もう寝なきゃなのに)何の気なしに読んだけどこの人めちゃくちゃ頭いい人なんだなー。例えのわかりやすさとか、自分を落としつつ明るい笑いに持ってくさじ加減が絶妙。すごい楽しいインタビュー現場なんだろなというのが伝わってくる。
あたし、30年以上前から勝ちゃん
ファンだす。歳バレちゃうねw
柳葉と哀川もいけるな
よき
"もうね! 巨大空母にたった1人ビート板で向かっていくようなもんでしたよ(笑)。"
"ただね、巨大空母は攻撃を受けたら沈む可能性がありますけど、ビート板はいくらひっくり返ったって沈まないんですよ。"
「格安で一生懸命やる」。私もそれを信条にしよう。
いいインタビュー。大御所の側に必ずいる男。彼の生き方って芸能人としての寿命が1番長いと思う。
こういう立ち位置の人の話って、濃いね❤️
僕は「人より上に行きたい!」よりも、「人より楽しいところに行きたい」です。
CHA-CHAが一番初めて買ったカセットテープだったな。ぼくらの夢によろしく!
大将の番組に出ていた頃から場の空気をサッと読み取り、頭の良さを感じる方だなぁ、と。今のポジションがあるのも、勝俣さんらしい気がします→
確かに当時からよくとんねるずやDT、ウンナンと平等に共演できるよなぁと不思議には思ってたなぁ。 派閥があったのは視聴者目線でもわかってたけど、やっぱ色々圧力はあったんだね。 あれからずっと中立を保ってるのはすごいと思うわ。
薄々気づいてはいたけど、これを読むと改めてかっちゃんの偉大さに気付かされる。
さらっとすごい話されてますが、めちゃくちゃいい話、尊敬だなあ
※勝俣さんの1番の功績は半ズボンを履き続けた事ですね。
カッちゃんが番組に居るか居ないかは大きいと思う。
なるほど💡
深いねぇ〜😌

「何度も潰されかけた…」が明かす“TV界のタブー”打ち破った過去(オリコン)
良いなぁ
これは色々と勉強になる話
発想が違う。やっぱり生き残るって理由はあるんだなあ。「辛いとは全く思わなかったですね! こんな楽しいテレビという世界で遊ばせてくれるのに!って(笑)。辛いと感じた子は“稽古”だと思ってしまう。でも僕は本番までの“練習”として考えていたんですよ。」
CHA-CHAのかっちゃん、大好きでした🌈
カッコよくて、おもしろくて、番組を毎日楽しみに見てたなぁ💖
今でもテレビで活躍してる理由、大きくうなずけます✨
8合目にとどまる、って考え方共感できる!
やっぱり勝俣さんはファン0人でもすごいな。

"当時はそれこそウンナンと仕事したらとんねるずとは仕事しちゃいけない、ダウンタウンとも仕事をしちゃいけないという暗黙のルールが存在していたんです。周辺スタッフが共演者を囲っていたんですね。"
嫌いでもないけど、たまにうるさいな~って感じるときある😅
最近はどうなのか知らないけど、半ズボンと旅サラダの温泉→ふんどしは勝俣さんらしくて好き。
読みました。仕事人ですねえ。面白かったです。
@majan_saitou ジャンさんも評価する勝俣さんの記事が!
これは放送席に芸能人いらない勢にもぜひ読んでいただきたいやつですかね。
勝俣州和、ファン0人www
面白かった
それでも「ファン0人説」😁
" 僕は「人より上に行きたい!」よりも、「人より楽しいところに行きたい」です "
自分もこっちよりの考えかな。仕事では楽しめそうな方を自然と選んできてるし。もちろん野心も大切だと思うけどね。
本当にすごい人って、実はこういう人ですよね。
ごめんな・・・申し訳ないけど格闘技にはいらない。静かにしてくれるけら別だけど👍
ファン0人説の方ではありますが、需要は確実にあるからいいんじゃないですかね。
何となく読んだけど、良い記事だった。
:
良い記事だな。「巨大空母は攻撃を受けたら沈む可能性がありますけど、ビート板はいくらひっくり返ったって沈まないんですよ。」名言だと思う。/
水ダウで色々いじられてたけど、改めて考えるとマジで凄すぎやろこの人。。 →
矢作の言う通り腕のある芸能人である事は間違いない

ただ、矢作の言う通りファンは0人
4番のソロホームラーンだと1点だけど勝俣が出塁していれば2点になる
上手いこと満塁にしていれば4点になる
そんな感じかな
見習いたい
何気に読んだけど、何気に良いこと書いてある気がした
業界の事はよく分からないけど、この生存戦略は参考になりそう。

「人より上に行こうとしない、人より楽しいところに行く」
見出しは置いておいて、勝俣さんの最後に話している内容がいいな。気持ちに余裕をもって、いろんな角度から見つめてみよう。

「人よりも上に行きたい!というより、人よりも楽しいところに行きたい!」
「何度も潰されかけた…」が明かす“TV界のタブー”打ち破った過去(オリコン)
この人とか、関根勤とか柳沢慎吾とか…なんというか、独特の「ウザさ」がある。決してけなしてるわけではないが俺は苦手。
超苦手タレント‼️
とにかくうるさいだけで
大したコメント⁉️も言えないのに
芸能界で長生きできてるのが
超世界の7不思議⁉️
本当に運だけで生き伸びてるやつ
意外に多い
うらやましい😭
人より楽しいところに行きたい
いいインタビュー記事だった💡

“当時はそれこそウンナンと仕事したらとんねるずとは仕事しちゃいけない、ダウンタウンとも仕事をしちゃいけないという暗黙のルールが存在していたんです。”

@
ビート板芸人とな -
確かに当時はどの番組にもいたな。ジャニーズや吉本の圧力があからさまなのが判明した今思うと潰されずに凄いことしてたと感心するわ。
4番バッターではなく1番バッターで存在をアピール。
勝俣さんはずっと芸能界で生き抜いてる。凄い人だ。
富士山の話は本当なのですか・・・´∀`のぼることあったら参考にしよう |
いいインタビューだな.
勝俣さんステキ

"「人より上に行きたい!」よりも、「人より楽しいところに行きたい」です"
島田洋七が言う

「山の頂上は、酸素が薄く木も草も何も生えていない、長くは生きられない場所だ。少し下りたところには小川も流れ花も咲いている。そういう場所が一番住みやすい」

なるほどな、と。
コレは読んでおきたい記事。
ヤフーニュースで久々に良い記事を読んだ。
ファンでもなんでもないけど凄くいい話。
これからもぜひがんばって欲しい(*´ω`*)
最高( ᵕᴗᵕ )
ビート板なら空母みたいに燃料大量必要でないし、ひっくり返えされたら全力で泳ぐだけって。おもしろい。
すごく大事なこと_φ(・_・
良い記事!山の頂上より8合目の方が美しい景色が見える…「人より上に行きたい!」より「人より楽しいところに行きたい!」
長く活動でき重宝されるのはこういうポジションなのかも。
「ある程度小回りが効いたとも言えます。もし大きな事務所さんだったら満遍なく共演するということは絶対に無理だったでしょうね。」
読んでみたらとても良かった
今の時代はもうCHA-CHAを知らない人多いんやね 茶々隊ってのがあって木村拓哉さんとか草なぎ剛さんもメンバーやったんよねぇ。でも欽ちゃんが2人のスター性を見抜いててここにいちゃいけないって。面白かったなCHA-CHA 何気に桃ちゃんファンやった。
「何度も潰されかけた
ここ数年で"出川再評価ブーム"きてたけど、勝俣も同じくらい評価されて然るべきだよな。
これは当時子供ながらに思ってたな。「この人ウリナリにも生ダラにもダウンタウンDXにも出てるな」って。やっぱりすごいことだったんだな
ヤツがガヤ芸人のハシリだったのかもしれん。。
「人より上に行きたい!」よりも、「人より楽しいところに行きたい」… そうありたいもんだ。
なかなか面白い記事でした(・∀・)
「人より上に行きたい、よりも人より楽しいところに行きたい」
昔 キャバクラでお見かけした事ありますが プライベートでもテレビのままで楽しい方でしたよ 20年以上前でしたけど
勝俣氏「僕は、「人より上に行きたい!」というより、「人より楽しいところに行きたい!」なんですよ」  いいことを言うなぁ。僕も同感。上じゃなくて、楽しいところを目指したい。多少、上への未練もなくはないけどね(苦笑)
ファンゼロ人
正直好きなタレントではないけど、これ読んで見る目変わった。
俺がただの知らず嫌いだった。
考え方だったり、この人凄いわ。。。
本人たちの意志じゃなく周辺スタッフの囲い込みで共演NGってウザい慣習を打破しとるのは心からすごいと思う。さすがビート板でバタ足なだけはある。
勝俣氏は凄く遠目だったが、栃木県足利市のワインイベントで乾杯の音頭取ってるのを見た事あったなあ(°Д°)
こういう人が上司に欲しい

勝俣州和が明かす“TV界のタブー”打ち破った過去(オリコン)
めちゃめちゃ良い話。
特に、タレント本人が共演NGじゃないのに、スタッフが忖度してたという逸話が大企業あるある過ぎる。
空母とビート板の逸話は今の時代も同じかも。:
いい記事だった。
かっちゃん好きだな俺笑
当時はそれこそウンナンと仕事したらとんねるずとは仕事しちゃいけない、ダウンタウンとも仕事をしちゃいけないという暗黙のルールが存在していたんです。周辺スタッフが共演者を囲っていたんですね。
これは興味深い芸能史の証言
"「人より上に行きたい!」よりも、「人より楽しいところに行きたい」"
って言葉良いな。

そうありたい。
なんか、響くものがあったので。
努力って、ガツガツするため、頂点に立つためだけにあるんじゃないって思った。
"僕は、「人より上に行きたい!」というより、「人より楽しいところに行きたい!」なんですよ"

この言葉にいいねしたい。
率直に凄いと思う。好き嫌いはあるが、長年楽しんで、かつ稼いでいるのは誰から見ても「勝ち組」。さらっと書いているが、尋常ではない努力をしたのだろう。自分も「スキマ」を狙い、現状打破をしたいが...、能力努力不足だろうな😭
ウンナンと仕事したらとんねるずとは仕事しちゃいけない、ダウンタウンとも仕事をしちゃいけないという暗黙のルールが存在していたんです。周辺スタッフが共演者を囲っていたんですね。
俺が学生時代の頃の勝俣と言えば、とんねるずには弄られウンナンは弄るという印象が強かったんだけど、当時は共演云々でそこまで面倒なことになってたんだ?
勝俣州和の話が本当だとするとテレビ屋ってなんてくだらないというかねえ。/
トーク力凄いわ。
楽しむけど楽しようとはしていない。常に勉強して何かをつかんでいるから、競争の激しい芸能界で楽しみ続けられる。頂点に執着しない。いい生き方だ。
納得しながら楽しく読めました!
↓良記事に思う。
 
#汎用性 とか #ユーティリティー て、大事。。。

◇「何度も潰されかけた…」
もっと評価高くて良い男→#勝俣州和 !が明かす“TV界のタブー”打ち破った過去(オリコン)
読んでいて私はとっても勉強になりました
🌺
@keisukeminami73 🌻
読んで おきなさい
名言が
とにかく手を上げろ
これはHKTのさっしーの教えでもあるよね
元祖は欽ちゃんの教えか
前々から思ってたけどやっぱり凄い人だな✨
ファミ男もそう思ってテレビ見てました😆💦
今ダウンタウンさんとかとんねるずさんとか知らなかったみたいなことテレビで言ってますけど…そういう雰囲気ありましたよね
やっぱこの方は凄いわ
Yahoo!さんもありがとうございます(嬉涙)
かっちゃんって90年代バラエティーでオールラウンダーみたいだったよね…過小評価…確かに!
今こそCHA-CHAにもスポット当ててこ❗️
CHA-CHAワールドとかビギニングCHA-CHAの頃の話かな
テレ朝で昼のレギュラーも被ってた時代にそれだけの練習量か…
やっぱりここまで残るのにはそれなりの努力(練習)がいるんだねー
考え方が勉強になります
なるほど~。欽ちゃん番組やアイドルの頃から知ってるので言われてみればそういう流れで頑張ってきたのねと納得。バラエティー界のバイプレーヤーってところかな。
こーゆー立ち位置は私も好き。
適当にかき回しつつ繋げるやつ(笑)
めっちゃ響く。徹も「人より上」より「人より楽しむ」考え。彼には小川や花のある所で過ごしてほしい。
そけいぶDXもタブーを打ち破って頑張って行きます
ご協力お願いします
面白い面白くないじゃなくて、打席にたってバットを振ってこい!なんでもいいから当てて塁に出る!…ということを仕込まれてきたら、鍛えられますよね…。集客も一緒だと思いました。
バイプレイヤーのインタビューは含蓄があって面白い。2番打者のようなポジションをずっと維持できるのはすごい能力。
勝っちゃんってスゴイなぁ。
この記事を読んで、今はできなくても、少しずつでも、前に進むことの大切さを改めて感じた。
俺もまたちゃんと唄えるように頑張らんとだわぃ‼️
いい記事だなぁ。勝俣さんの人柄・考え方がよくわかるインタビュー。
これは今だから言えますけど、実際に何回も潰されかけましたよ。当時はそれこそウンナンと仕事したらとんねるずとは仕事しちゃいけない、ダウンタウンとも仕事をしちゃいけないという暗黙のルールが
哲学的でおもしろい。|
サラッと話してるけどメチャ良い話。
頑張ろうって思えた。
勝俣さん、凄え人だわ。
以上

記事本文: ORICON NEWS:「何度も潰されかけた…」勝俣州和が明かす“TV界のタブー”打ち破った過去 - 毎日新聞

いま話題の記事