TOP > 社会 > 「古事記」「日本書紀」同時期登場の謎(上) 敗者の歴史を語る「古事記」 - 毎日新聞

「古事記」「日本書紀」同時期登場の謎(上) 敗者の歴史を語る「古事記」 - 毎日新聞

7コメント 登録日時:2020-01-22 18:07 | 毎日新聞キャッシュ

 日本国最初の正史「日本書紀」は720(養老4)年の完成なので、今年で1300年になる。膨大な研究があるが、今も謎が多い。最たるものが、もう一つの歴史書「古事記」がほぼ同時期につくられたことだ。...

ツイッターのコメント(7)

謎?万葉仮名と漢文の使い分け、でわかるだろ、間抜けだ

古事記」「日本書紀」同時期登場の謎(上)  -
本日(22日)「毎日新聞」夕刊文化面「今どきの歴史」というコーナーで、「古事記 日本書紀 同時期登場の謎」と題して、拙著『出雲神話論』が大きく取りあげられています。デジタルでは途中までしか読めませんが、ぜひどこかで全体を。
日本国最初の正史「日本書紀」は720(養老4)年の完成なので、今年で1300年になる。膨大な研究があるが、今も謎が多い。最たるものが、もう一つの歴史書「古事記」がほぼ同時期につくられたことだ。
今さらにゃに言ってんの?毎日新聞、バ○なの?この記事書いた人、歴史を知らんにゃ。
古事記では神話の3分の1ほども出雲神話が占める。ところが、日本書紀の本文はごく簡単に触れるだけだ。書紀本文は国造りのプロセスなど目障りだと言わんばかり。
以上

記事本文: 「古事記」「日本書紀」同時期登場の謎(上) 敗者の歴史を語る「古事記」 - 毎日新聞

いま話題の記事