TOP > 社会 > 京アニ第1スタジオ解体工事始まる 跡地の扱い未定 - 毎日新聞

京アニ第1スタジオ解体工事始まる 跡地の扱い未定 - 毎日新聞

4コメント 登録日時:2020-01-22 12:12 | 毎日新聞キャッシュ

 京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)が放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、現場となった建物本体の解体工事が22日、始まった。4月下旬までに整地する見込み。...

ツイッターのコメント(4)

「火事は3分」発言は、配慮を欠くその無神経さのみが問題なのではない。京アニが、京都の経済や文化、さらに京都の世界的な名声にとってもつ意味を、彼が全く理解していなかったこと、つまり京都市長としての政治的資質を欠く人物であることを示すものとして重要。
ついに、だね...。

京アニ第1スタジオ解体工事始まる 跡地の扱い未定 - 毎日新聞
第一スタジオの跡地について、遺族に「慰霊碑を建ててほしい」という声がある一方で、建物は住宅街にあり地元自治会は「不特定多数の人が集まることになり平穏が壊される」として、慰霊碑を建てたりしないよう求める要望書を提出しています。
#毎日新聞
京アニ第1スタジオ解体工事始まる 跡地の扱い未定
以上

記事本文: 京アニ第1スタジオ解体工事始まる 跡地の扱い未定 - 毎日新聞

いま話題の記事