TOP > 社会 > 首相、IR汚職は「副大臣に任命したものとして事態を重く受けとめている」 - 毎日新聞

首相、IR汚職は「副大臣に任命したものとして事態を重く受けとめている」 - 毎日新聞

7コメント 登録日時:2020-01-22 15:26 | 毎日新聞キャッシュ

 安倍晋三首相は22日の衆院代表質問で、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件について「副大臣も務めた現職の国会議員が逮捕され、起訴されたことは誠に遺憾だ。かつて副大臣に任命したものとして事態を重く受けとめている」と述べた。...

ツイッターのコメント(7)

「それなら責任取ってサッサと辞めろ‼️」
首相、IR汚職は「副大臣に任命したものとして事態を重く受けとめている」が自分がやった事は軽く流す!にげる!  - 毎日新聞
「かつて副大臣に任命したものとして事態を重く受けとめている」それで具体的に何をするの? またしても何もせず時の過ぎ行くままに?!
いつも言うだけ、例外なく。

- 毎日新聞
- しかし責任論には言及せず❗️
重く受けとめている❓
じゃあ任命責任はどう取るのか❓

言葉だけで「責任」を連呼しても、何もしないのであれば、何の責任も果たしていない。

此処まで自身も、任命した閣僚達も不祥事続きの政権は前代未聞。
IR含めて、問題のあった政治家が関わった案件は全て見直すべき。
以上

記事本文: 首相、IR汚職は「副大臣に任命したものとして事態を重く受けとめている」 - 毎日新聞

いま話題の記事