TOP > 政治・経済 > 論点:橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会 - 毎日新聞

論点:橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会 - 毎日新聞

54コメント 登録日時:2020-01-21 17:02 | 毎日新聞キャッシュ

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る一連の問題は、招待者名簿の廃棄など公文書管理のずさんさをあらわにした。あるべき情報公開のかたちとは。大阪府知事・大阪市長としての行政経験があり、日本維新の会を発足させた弁護士の橋下徹さん(50)に、課題と併せて尋ねた。【聞き手・石川隆宣】...

ツイッターのコメント(54)

@xHR7f7DTfGXmyfa それを言うなら、
公文書廃棄を自分のために平然とやらせてる
「アベの恐ろしさ」でしょうよ💢‼️
さすが橋下の論点スリカエ論法だね💢‼️
それを言うなら
罪悪感なく嘘をつく橋下の恐ろしさ
だよ
大阪の福祉、医療、教育、交通機関、生活など罪悪感なく弱者斬り捨て維新の恐ろしさ
本当にそうだ。国民のための政府ではないことは明確。王様による王様のための政府。
論点:橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ

権力が記録を廃棄することがいかに恐ろしいことなのか、公文書を廃棄する政府の恐ろしさを強く訴えかけるべき。何の罪悪感を抱くこともなく公文書をいとも簡単に廃棄してしまう姿勢には恐ろしさを感じる
@hashimoto_lo 『権力が記録を廃棄することがいかに恐ろしいことなのかを訴えかけるべきだし、《特にメディアが》公文書を廃棄する政府の恐ろしさを強く訴えかけるべき』


今の地上波放送は《健全な民主主義》の発達を阻害している。
橋下徹さん「罪悪感なくインタビューに応じる人間性欠如の恐ろしさ」🤪
今の報じ方なら政治は動かないし、政権の支持率もそうは下がらないと思う。メディアは「政権がおかしい、それを許す国民がおかしい」と不満を募らせるのではなく、自分たちの国民への訴えが届いていないと素直に認め、作戦を変えた方がいい。
裁判は6年ぐらい続いたが、買収に関して真摯(しんし)に議論していたことが記録によって証明できたので僕の責任は問われなかった。
結局桜を見る会だけでなくもっと他のどでかいところでごまかしているのではないかと心配になる。そういう心配を感じないのだろうか?お上には逆らえないという固定観念で動いている?
大阪では、手書きの戸籍、きちんと残してるんですね。
なるほど。いいことを言っている。

どんなにこの男が正しいことを言っても、こいつは嫌だ。
訊くなら他にいるんじゃないですか、適任の人。
たぶん廃棄はしてないんだよな 出すと政権が倒れる恐れがあるから捨てたことにして出さない もちろん、こっちの方が数倍ヤバいが
@okeizaibu

こんなん載せるな
橋下の言い訳のためにどんだけ紙面使うねん

毎日に変えたにやめたくなったわ
ああ、そうですか。よく言いますね(呆)
センセー、
宮内庁なんかは
宮中祭祀の改変の記録すら
残してないらしいすよ
あんたは、プリキュア応援してたらいい。それ以外はしないでくれ
なんかそれっぽいこと言ってるけど、「俺は批判してる」アリバイ作りつつ、矮小化してるだけだよなあ。
安倍と変わらない橋下徹のような人間に聞いて代弁させるしかない今の政府とマスコミ状況も「恐ろしい」。
◆安倍政権を叩くのに、中曽根や稲田を持ち上げたり、橋下を使うって神経がアンビリバボー。◆しかも、橋下は未だ維新の法律顧問やってるはずなんだけど、その一番重要な肩書を隠す姑息さが醜い。
橋下氏の語る公文書管理。

「安倍政権の政策に基本的に賛成のスタンスだが……いとも簡単に公文書を廃棄してしまう姿勢には恐ろしさを感じる」。ただし表にできない事情への配慮がなければ、公文書にしないという動機が働く、と。
本当に恐ろしいことやで。

"権力が記録を廃棄することがいかに恐ろしいことなのかを訴えかけるべきだし、特にメディアが公文書を廃棄する政府の恐ろしさを強く訴えかけるべきだ。そうでなければ、政府・与党がビビるほどの国民からの批判の声は上がらない。"
公文書は捨てるな。問題があればオレが責任をとる、な〜んて安倍総理が言うわけないよね❗
橋下徹さんに聞きました。「公文書廃棄の体質は安倍政権に重大な責任がある。森友問題で麻生さんを辞めさせず、麻生さんは公文書を改ざんした財務省の佐川さんを立派な官僚だったと評した。あの時に安倍政権が公文書廃棄はとんでもないと麻生さんを更迭しておけば‥」
この点は同意「シュレッダーの前に押し掛けたりするのではなく、権力が記録を廃棄することがいかに恐ろしいことなのかを訴えかけるべきだし、特にメディアが公文書を廃棄する政府の恐ろしさを強く訴えかけるべきだ。」
官僚はとぼけるし、二階幹事長は開き直るし、何か舐められている気がします。
風向きは確実に変わりつつある!
晋三のお友だち=橋下徹が公然と安倍政権批判。
泥船から逃げ出すネズミだな😂
「橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会」
記事は読まなくていいです。橋下徹の自画自賛だから😂
毎日はこんな奴に聞くな。 :橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」  -
政権を批判しながら、政権にすり寄る二枚舌。
安倍と意気投合していたこの人でも、厳しく批判するぐらい、今の政権のやっていることはひどいということだ。
なぜ、この人に聞く。
読み応えがあるインタビュー。公文書管理の在り方に加え、メディアへの提言も鋭い。「理想論を叫んでも共感は広がらない」「自分たちの訴えが届いていないと素直に認め、作戦を変えた方がいい」

橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 #
橋下徹が嫌いな人こそ、虚心坦懐に読むこと。>>
こいつも自民支持。名簿はプチエンを超えるほどの重みがあると国民総出で思っているよ。
仰る通りだ…
1/21記事>
橋下さんへのインタビュー記事です😃
有料会員記事なので読める方はど〜ぞ
(うちはお金💰払って読む新聞ちゃう思ふので読めない😅)
「安倍政権の政策に僕は基本的に賛成のスタンスだが、何の罪悪感を抱くこともなく公文書をいとも簡単に廃棄してしまう政府の姿勢には恐ろしさを感じる」

論点:さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」
論点:さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」

「今の報じ方なら政治は動かない」

桜を見る会の報道を見ていて僕も強く感じる。
公文書や記録に対する現政府の態度は危険水位を超えているが、怒っているのは一部の人だけで多くは関心がない。投票行動が変わることもなく、結局今の政治が続いていく。それが現状だと思う
(スタッフよりお知らせ)公文書のあるべき取り扱いについて、毎日新聞のインタビューを受けました。明日の朝刊にも掲載されます。
論点:「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」
正論です!!論点:橋下徹さん
相当に読み応えがある。話題は幅広いし、弊社への批判もある。でもこういうインタビューが(も、でもある)あることがうちの本質的な価値だと私は思っています。

-
公文書=歴史文献だと思ってます。将来の日本の歴史を語る際の列記とした記録を罪悪感なく削除することは歴史を抹消する事と同じこと。実は残っていたりして、、、
論点:橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」
 安倍政権の政策に僕は基本的に賛成のスタンスだが何の罪悪感を抱くこともなく公文書をいとも簡単に廃棄してしまう政府の姿勢には恐ろしさを感じる。冤罪事件を生む
2020年1月21日 17時00分 毎日新聞
"公文書に残したくないと思ってしまう現場の官僚たちの現実的な苦悩に応える提言が必要で、その柱が公開作業の負担軽減と一定期間の完全非公開だ"という提案は、議論の価値があると思う
ハシシタさんがなんかすごくまともなことを言っている(;゚∀゚) =>
は?公文書なら何でもかんでも保存せにゃならんのか?(笑)イベントの招待者名簿ってのは後生大事に後世に残すべき公文書か?(笑)もうね、アホかと、バカかと(笑)
「野党は合同ヒアリングなんかで細かな質問を繰り返したり、シュレッダーの前に押し掛けたりするのではなく、権力が記録を廃棄することがいかに恐ろしいことなのかを訴えかけるべき」

なんでこんなウスラバカに聞くんだ?w
「人間はそんな立派なものじゃない。窮地に追い込まれるようなことは隠したくなるものだ。だからこそ、組織のトップが……」。橋下徹さんに、あるべき情報公開のかたちや課題を尋ねました。
論点:橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」
以上

記事本文: 論点:橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会 - 毎日新聞

いま話題の記事