TOP > 社会 > 不破哲三氏が共産党大会で14年ぶり発言 党綱領改定案で見解 - 毎日新聞

不破哲三氏が共産党大会で14年ぶり発言 党綱領改定案で見解 - 毎日新聞

24コメント 登録日時:2020-01-15 17:17 | 毎日新聞キャッシュ

 共産党の不破哲三前議長は15日、静岡県熱海市で開かれている第28回党大会で、16年ぶりに提出された党綱領改定案についての自身の見解を述べた。不破氏が党大会で発言するのは、議長を退任した2006年の第24回大会以来、14年ぶり。不破氏が登壇し、あいさつすると、会場から拍手が起こった。...

ツイッターのコメント(24)

不破氏は、改定案に賛成の立場を表明した上で、「発達した資本主義国での社会変革は、社会主義、共産主義への大道である」と、改定案の一節を紹介。
@Sankei_news なるほど、志位さんよりも必要とされていたのですか。
発言は支持するが、この男は好きでない。
生きてたのw 山梨に巨大な邸宅があるんだったかな>
《不破氏は、改定案に賛成の立場を表明した上で、「発達した資本主義国での社会変革は、社会主義、共産主義への大道である」と、改定案の一節を紹介。「共産党が最終的にどんな社会を目指しているのか多くの人々の理解を得ることは、大変重要な、不可欠とも言うべき課題だ」》
「共産党が最終的にどんな社会を目指しているのか多くの人々の理解を得ることは、大変重要な、不可欠とも言うべき課題だ」不破哲三氏コメント
共産党ほど思想的にもモラル的にも矛盾した政党はねえからな。
大川隆法「スゥ…不破哲三です」
不破氏の頃の共産党はまだ何かアレだった気がする。
驚いた、まだ生きてました。宮本顕治は98歳で死去、不破哲三89歳とみんな長生き。それで未だ常任幹部会委員です。老害の極まり。ネズミと猫の鈴の話。だれも辞めろと言い出せないのでしょう。
さすがこの人レベルになると、社会主義や共産主義を隠さないもんね。
@HoneySpecialP これのコメント欄がなかなか。
ぜひ、一読されることをお勧めします!
党名を、変えたほうがいいです。共産主義をめざすなんて、国民に響かない。
共産主義の日本の具体的な姿とは?

そもそも、まともに答えられる共産党員が僕の知る限りいない。

「それは国民が考えるんです」という間抜けな答えもあったっけ…
89歳の不破哲三・共産党前議長が、熱海市で開かれている党大会で党綱領改定案について見解を述べました。不破氏が党大会で発言するのは14年ぶりです。
宮本顕二氏から不破哲三氏まではまだ堅物の中にも保守との柔軟性があったが志位和夫氏がトップになって政権を奪うことばかり考え過ぎ。
おまけに排他的かつ独善的なのは合いも変わらず。
「桜を見る会」のようなつまらない小さなことを延々と追及するかと思えば、「発達した資本主義国での社会変革は、社会主義、共産主義への大道である」と壮大すぎる議論をする。もう少し地に足のついた議論をできないものでしょうか。
たいそうな豪邸に住むというが、党内の貧富の格差にはどのような見解を示すのだろうか。
党代表選も全く開催しないのに安倍を独裁とかいうキ○ガイが集まる政党
以上

記事本文: 不破哲三氏が共産党大会で14年ぶり発言 党綱領改定案で見解 - 毎日新聞

いま話題の記事