TOP > スポーツ > 熱血!与良政談:「五輪花道論」の虚実=与良正男 - 毎日新聞

熱血!与良政談:「五輪花道論」の虚実=与良正男 - 毎日新聞

14コメント 登録日時:2020-01-15 13:30 | 毎日新聞キャッシュ

 安倍晋三首相は先日のNHKインタビューで「まだ1年9カ月もある。燃焼し尽くす決意で臨んでいきたい」と語った。  自民党総裁としての任期は再登板から9年となる来年9月まで。それまでは続けるという意味だ。最近、マスコミで報じられている今夏の東京五輪・パラリンピック閉幕後の退陣も、自民党の一部にある総裁...

ツイッターのコメント(14)

五輪花道論も相当、身勝手なものだということだ。そもそも花道などというのは、国民とは全く関係ない話なのだから。

 いずれにしても、きちんと後始末をつける時期だ。毎年、新しい看板を掲げてきた内政。解決が遠のく日露や日朝など外交。そして桜を見る会の疑惑検証も。
『毎年、新しい看板を掲げてきた内政。解決が遠のく日露や日朝など外交。そして桜を見る会の疑惑検証も。それができないのであれば、早く首相交代した方がいい』(本文より)そしてモリカケの疑惑検証も!
花道とはこれいかに⁈
それはまともに仕事を全うした人にのみ用意されるものであり、この極悪非道安倍に用意されるべき道は
いばらの道か賽の河原だ。
「花道」で退陣させては行けないと思う。過ちを認めさせる形で身を引かせないと。
「まだ1年9カ月もある。燃焼し尽くす決意で臨んでいきたい」と語った安倍首相。それでも「五輪を花道に退陣する可能性はある」と与良正男・専門編集委員は見ます。
←火のない所に煙はたたないと言うが、火のない所に無理やり煙をたたせるオールド偏向メディアの老人。読まなくても内容の推測はつくので読みませんが、頑張っておられるのですね。
今の岸田氏を後任に推しはしないけど、@AbeShinzo共が壊した日本を元通りにできたなら、胸を張れる総理になるんじゃない?
ふ~ん、安倍首相は「産経」「読売」「月刊HANADA」「Will」」以外のインタビューも受けるんだね。それにしても、早く辞めてほしい…。→
熱血!与良政談です。「いずれにしても、きちんと後始末をつける時期だ。毎年、新しい看板を掲げてきた内政。解決が遠のく日露や日朝など外交。そして桜を見る会の疑惑検証も。それができないのであれば、早く首相交代した方がいい」
与良正男か。陸山会捏造事件では岸井と散々、出鱈目なことを言っていた。その後、岸井が改心して小沢擁護論に変更転換するに当たり一部、同調の路線を取ってはいたが。それでも失脚後では遅い。風見鶏ジャーナリスト⇒ -
「政治を報道する側は、首相の退陣や衆院解散の時期に関心が移りがちだが、惑わされず監視していきたい。」
引用
いずれにしても、きちんと後始末をつける時期だ。毎年、新しい看板を掲げてきた内政。解決が遠のく日露や日朝など外交。そして桜を見る会の疑惑検証も。それができないのであれば、早く首相交代した方がいい。
熱血!与良政談 「五輪花道論」の虚実=与良正男 #
以上

記事本文: 熱血!与良政談:「五輪花道論」の虚実=与良正男 - 毎日新聞

いま話題の記事