TOP > 国際 > プラハが台北と姉妹都市に 反中国姿勢鮮明 上海は協定破棄を表明 - 毎日新聞

プラハが台北と姉妹都市に 反中国姿勢鮮明 上海は協定破棄を表明 - 毎日新聞

11コメント 2020-01-14 21:02  毎日新聞

 東欧チェコの首都プラハ市と台北市が13日、姉妹都市協定を結んだ。プラハ市は中国・北京市と台湾問題を巡って対立し、2019年10月に北京との姉妹都市協定を破棄したばかり。台北市との協定計画に中国政府は...

ツイッターのコメント(11)

台北とプラハの友好都市締結報道 1/14(無料記事)

そういえば気に入らないことがあるからと友好都市を破棄した大阪市長がいたよな 唯我独尊の中国外交とどう違うんだい
「フジブ氏はリベラル政党「海賊党」に所属」。著作権法令の不当な厳格化への反対に発祥した海賊党の影響がこんなところに。
チェコ、『一つの中国』に関する項目削除を要求、北京市応じず
『台北市は民主主義の価値や基本的人権を尊重している』

日本が中国を国賓扱いしようといているときに、チェコ・プラハ市は健全な判断を下しましたね。
プラハ市長「自らの価値観を放棄してはいけない」
ホントそれなwww
みんな一貫性を持って生きよう
素晴らしい!プラハ最高!!
フジブ・プラハ市長あっぱれ!
台湾を孤立させないで。
“フジブ氏はリベラル政党「海賊党」に所属し、18年に市長に就任。台湾留学経験もある。北京市との姉妹都市協定に台湾を中国の不可分の領土とする「一つの中国」原則が入っていることを非難し、中国と対立していた。市役所にチベット亡命政府の旗を掲げたこともある”
プラハの市長、尖ってるな。
台湾問題をめぐり北京市との姉妹都市協定を破棄したプラハ市が、台北市と姉妹都市協定を締結し、チェコ政府とは対照的に反中姿勢を鮮明に。プラハ市長は元台湾留学生。
チェコは中国主導の「一帯一路」に参加しており、大統領は親中派で知られています。首都が中央政府の対中国政策に反する行動を取るのは異例です

三木特派員 @KojiMIKI5 から
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR