TOP > 社会 > 消える戦争遺跡 全数調査6県のみ 全体像把握進まず 毎日新聞調査  - 毎日新聞

消える戦争遺跡 全数調査6県のみ 全体像把握進まず 毎日新聞調査  - 毎日新聞

4コメント 登録日時:2019-12-07 18:07 | 毎日新聞キャッシュ

 太平洋戦争中の旧日本軍施設や戦災跡など各地に残る戦争遺跡について、47都道府県のうち、自治体内のすべての遺跡の所在地や概要を把握する全数調査をしたのは6県にとどまることが、毎日新聞のアンケートで判明した。太平洋戦争開戦から8日で78年。戦争体験者が少なくなる中、戦時中の歴史を伝える戦争遺跡の重要性...

ツイッターのコメント(4)

これは本当は国を挙げて取り組むべきだと思う。だけども実際はほとんどの都道府県において、有志や趣味者の地道な踏査によって辛うじて記録されているという有様。

- 毎日新聞
戦争体験者が少なくなる中、戦時中の歴史を伝える戦争遺跡の重要性は増しています。しかし、その全体像の把握が進んでいない現状が毎日新聞のアンケートで判明しました。
まずいな、どんどん歴史修正主義者に都合よく解釈されていくようになる。
以上

記事本文: 消える戦争遺跡 全数調査6県のみ 全体像把握進まず 毎日新聞調査  - 毎日新聞

いま話題の記事