TOP > 社会 > 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」 - 毎日新聞

解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」 - 毎日新聞

14コメント 2019-12-07 09:02 | 毎日新聞キャッシュ

 金銭トラブルを受けて茨城県の「いばらき大使」を解嘱されたフードアナリストの藤原浩氏(55)は、自身の名刺に実在しない会社名を明記して「代表」と名乗っていた。藤原氏は毎日新聞の取材に「見えを張ってしまった」と述べ、詐称だったことを認めた。...

ツイッターのコメント(14)

茨城県は何でこの人を使ったんだ?
出身地も違うみたいだし…
問題のロゴとか、クラウドソーシングとかで作ったみたいなレベルだよなぁ。
味オンチだよ
いくらでも余罪でてくるな・・
色々な人と接しているので、こんな人は幾らでもいます。
面白いから話は聞きます。
でもそれだけ。
なんとか大使って大変だね
見え張ってって言うのが痛すぎ
見え貼って「カイロ大学首席卒業」と自称する某都知事は都議会で「首席は本当か」と聞かれ「大学の先生に成績を褒められその旨を書いた」などとイミフ説明しかしていない。しかもアラビア語がめちゃくちゃと言う専門家の指摘もある。メディアははこれこそ追及するべきでは!
金銭トラブルを受けて茨城県の「いばらき大使」を解嘱されたフードアナリストの藤原浩氏(55) - 毎日新聞
典型的な小物詐欺師(笑)
肩書詐称を認めました。
つまり詐欺師?
ますます「いだてん茨城を食い物にした男」じゃないですかやだー。
以上
 

いま話題の記事

PR