TOP > 社会 > 安倍改憲の現在地:/上 議論進まず目標修正 「2年のうちに国民投票」 - 毎日新聞

安倍改憲の現在地:/上 議論進まず目標修正 「2年のうちに国民投票」 - 毎日新聞

7コメント 登録日時:2019-12-07 05:45 | 毎日新聞キャッシュ

 「改憲機運が高まるような環境を作らなければならない」。安倍晋三首相は2日、東京・大塚の護国寺で行われた中曽根康弘元首相の通夜へ参列した後、伊吹文明元衆院議長らと会食し、晩年まで改憲を訴えた中曽根氏の思い出を交えながら語り合った。「首相の改憲への思いは全く衰えていない」。周辺は断言する。...

ツイッターのコメント(7)

機運が高まるようにと言うのなら、党員が集まる会や日本会議のイベントだけでなくて、全国民を対象にしたイベントを各地で催したらどうでしょう?
安倍には何が何でも改憲しようという覚悟は元々なかった。改憲派あくまでも支持者へのリップサービスだ。
断固たる決意で成し遂げてほしい。
「20年新憲法施行」を断念した安倍首相。「首相の改憲への思いは全く衰えていない」と周辺は断言しますが、その現在地は……
9条1項、2項を残し自衛隊を明文化、って、ハチャメチャ。
改憲派・護憲派双方の同意を得られないでしょ。そんなもん。
7月の参院選で「未来に向かって憲法を議論する政党を選ぶのか、責任を放棄して議論すらしない政党を選ぶのか」と繰り返し野党を攻撃。選挙後は改憲勢力で3分の2以上の議席は確保できなかったにもかかわらず「国民の審判は下った」と改正案の審議を促した。
バカが!💥何言うの!?2年のうちに牢獄だよ
お前は逮捕だよ!⬇︎⬇︎
以上

記事本文: 安倍改憲の現在地:/上 議論進まず目標修正 「2年のうちに国民投票」 - 毎日新聞

いま話題の記事