TOP > 政治・経済 > 米、貿易協定第2弾「来年早期に日本と協議」 牛豚肉関税「米国の大勝利」 - 毎日新聞

米、貿易協定第2弾「来年早期に日本と協議」 牛豚肉関税「米国の大勝利」 - 毎日新聞

10コメント 2019-12-05 10:47 | 毎日新聞キャッシュ

 米通商代表部(USTR)は4日、日米貿易協定が国会で承認されたことを受け、「両国政府は、より幅広い分野の協定交渉入りに向けた協議を来年の早い時期に始める」と発表した。サービス分野などを含む「第2弾交渉」に意欲を示した。...

ツイッターのコメント(10)

早いな。第2弾は怖れていた本丸のサービス分野。ここを米国側に押し切られれば我々の生活にかなりの影響(もちろんマイナスの意味)が及ぶのは間違えない。
大勝利も何も、戦ってないんだから。
『米国のいいなり』でしょうよ。

< >
アメリカは「大勝利」だと言って、日本側の「ウィンウィン説」を真っ向から否定したわけだ。ここでもウソが…。→
国民には然程知らせず、上がる声も無視して決められた事なので、やめていただきたいのですが。
もう相手の思うがままだ。
譲歩しか無い安倍外交だね。→
米通商代表部は4日、日米貿易協定が国会で承認されたことを受け、「幅広い分野の協定交渉入りに向けた協議を来年の早い時期に始める」と発表しました。
何故日本は交渉ができないのか?ならば国民は汚染牛豚肉をボイコットしよう
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR