TOP > 社会 > ゲノム編集食品、有機農産物と認めず 農水省が規格改正方針公表 - 毎日新聞

ゲノム編集食品、有機農産物と認めず 農水省が規格改正方針公表 - 毎日新聞

17コメント 2019-11-08 18:52  毎日新聞

 有機農産物の日本農林規格(JAS)について、農水省は8日、ゲノム編集(遺伝子操作)技術を応用して生産した農畜産物や、それらを加工した食品を認証しないとする規格改正方針を公表した。同日から12月7日ま...

ツイッターのコメント(17)

とりあえずホッとしました😭
ゲノム編集がオーガニック、となればもう何を信じていいかわからなくなる。
ひとまず良かったけど余談は許さないね。あと表示義務の件はどうなったんだろう。
反対派から邪魔されませんように‼️ 決めた側は身辺気をつけてくださいね😰 ゲノム編集も遺伝子組み替えも何かも利権のために危険な食品や化学物質取り入れる日本は本当に危険💀
有機農産物の日本農林規格(JAS)について、農水省は8日、ゲノム編集(遺伝子操作)技術を応用して生産した農畜産物や、それらを加工した食品を認証しないとする規格改正方針を公表した。
当たり前だ!

がとりあえず見分けはつく。
ゲノム編集、農水省が動き出したみたいですね。よかった。
一昨日、デッカイ里芋とブットイゴボウ見て、買おうとしたけど…止めてよかった。🖕でも、デッカイ里芋は魅力的でした。😳
一つ良かった。
12月7日までパプコメ募集中です。

表示と安全審査についても、実現させたい。
パブコメ募集中。
有機農産物扱いなんて、あり得ませんよね。
8日から12月7日までパブリックコメントを募集している。
(中略)
規格が改定されればゲノム編集技術を使わないことも追加されることになる。
「有機農産物」というものはお金持ちのための贅沢品であって、科学的にはアンタッチャブルなものなので技術的な進歩とは切り離して良いのではないだろうか。
12月7日までパブリックコメント受付中。

安心・安全の農産物が当たり前の社会にしませんか?
これを機に国産農産物全般の遺伝子組換え、ゲノム編集作物を一掃して欲しい。
また過度な交配品種改造も規制。
在来固有種保護政策も
これは珍しく良い方向!

有機農産物の日本農林規格(JAS)について、農水省は8日、ゲノム編集(遺伝子操作)技術を応用して生産した農畜産物や、それらを加工した食品を認証しないとする規格改正方針を公表した。同日から12月7日までパブリックコメントを募集している。
遺伝子組み換え技術を使わないことは既に条件の一つで、規格が改定されればゲノム編集技術を使わないことも追加されることになる。
やっぱ有機農産物はイメージだけ先行してるよな
例え、科学の力で栄養価の高い品種、減農薬できる品種が出来たとしても、それは有機農産物という体に良さそうでしょ?って言うイメージから外れるからダメなんだよな
なんでそういう商売をなぜ国が進めるんだ…
課題なのではなく、原理的に差異がないものを無理やり差異があるように扱おうとしていることが問題なだけ

>ゲノム編集食品を巡っては、従来の農産物との違いを科学的に検証できないことが課題になっている
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR