TOP > 政治・経済 > 野党党首ら、衆院選の候補者調整加速で一致 都知事選の統一候補も - 毎日新聞

野党党首ら、衆院選の候補者調整加速で一致 都知事選の統一候補も - 毎日新聞

13コメント 2019-11-07 19:53  毎日新聞

 立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表、共産党の志位和夫委員長ら野党党首は6日夜、東京都内のホテルで約2時間半会談した。次期衆院選に向けて候補者調整を加速することや、来年夏の都知事選で野...

ツイッターのコメント(13)

来年夏の都知事選で野党統一候補の擁立が必要だとの認識で一致した。
これ自体は朗報。
勝利を確かにしたいなら、早く政権での合意を!
中身の細かい詰めは残っているとしても大枠としての「野党と市民連合の共闘」で衆院選、都知事選を戦うことが確認されたようでよかった。いつまでも「消費税5%を呑まなければ、仁義ない闘い」などと言っていては、れ組は最終的には自公政権の「第5列」になる。
れいわが入ってないのが悲しいが、ぜひ都知事選では統一候補を出して小池百合子を引きづりおろしてほしい。
あと玉木さん、玉木チャンネルであれだけ太郎さんと意気投合したんだから橋渡しして
この記事で納得できたのは枝野、岡田らが、候補者調整を玉木に持ち出した、というくだり。政権奪取、本気です。
今月は高知県知事選が控えている。国政選挙に於ける着実な候補者調整と、知事選ではしっかりした野党統一候補擁立を国民は期待している。各党、もう足の引っ張り合いをしている時ではない!
人でなしが首相を務めているうちに、ブレない野党共闘の形を作れば流れは一気に野党に流れてくる。とにかく地方選でも野党共闘を!自民相乗りの市長や知事から、野党共闘の市長、知事を!
秋風が吹き始めた安倍政権に対して、共闘で攻勢を強める野党。
呼びかけたのが保守の中村氏だと言うのが面白い。
保守から共産党まで共闘して極右政権に立ち向かうという構図にワクワクする。
衆院選で共闘総理候補を立てるなら、過日に総理候補と目された中村喜四郎氏で良いのでは。
野党党首が会談し、次期衆院選に向けて候補者調整を加速することで一致しました。
>野田氏や岡田氏は、次期衆院選で立憲と国民の候補予定者が競合する選挙区が複数あると指摘。調整を促すと、玉木氏は「分かっている」と応じたという。
「野田氏や岡田氏は、次期衆院選で立憲と国民の候補予定者が競合する選挙区が複数あると指摘。調整を促すと、玉木氏は「分かっている」と応じたという。」

東京9区は山岸さんで一本化されるのかな?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR