TOP > 社会 > 見る探る:武蔵小杉のタワーマンションどうなった 浸水の意外な原因、残る教訓 - 毎日新聞

見る探る:武蔵小杉のタワーマンションどうなった 浸水の意外な原因、残る教訓 - 毎日新聞

11コメント 登録日時:2019-10-29 05:02 | 毎日新聞キャッシュ

 台風19号による浸水の影響で、停電や断水が起きていた川崎市の武蔵小杉駅近くのタワーマンション(47階建て)。被災後の15日に周辺を訪れた記者が28日に再訪すると、電気や水はほぼ復旧し、住民は通常に近い生活を取り戻していた。ただ、水道水を飲食に使えないなどの不便は続き、タワーマンションの防災に教訓を...

ツイッターのコメント(11)

川崎市の下水汚水設備が不十分というのが今にまで祟るとはなあ…
「記者がマンションから出てくる人に現状を尋ねると、ほとんどが『住民は答えないことになっていますので』と足早に去って行った」ここがとても気になる。
駄目じゃん> "水道水を飲食に使えないなどの不便は続き"
武蔵小杉タワマン、水道水が復旧するもなぜか飲食に利用するのは禁止される
ただ、水道水を飲食に使えないなどの不便は続き・・・。
 ↑↑↑
どんな水が出てくんねん。
分譲マンションのトラブルに対する隠蔽体質は、高度成長期に我が子の不始末をひた隠して抑圧している銃後の妻たちの行動様式に重なる。
"電気や水はほぼ復旧し、住民は通常に近い生活を取り戻していた。ただ、水道水を飲食に使えないなどの不便は続き、タワーマンションの防災に教訓を残した。"
#台風19号による浸水で停電や断水に見舞われたタワーマンション。記者が再び現場を訪れると、日常生活が戻ってきていたものの、水害対策の難しさも見えてきました。#見る探る #つながる
[RE] 武蔵小杉のタワーマンションどうなった 「34階に住む男性(70)は18日まで旅行のため不在で、帰った時はまだエレベーターが使えなかった*リュックサックを背負って部屋を目指したが、途中4回ほど休憩してもしんどく、息も絶え絶え」
武蔵小杉のタワーマンションどうなった
見る探る:武蔵小杉のタワーマンションどうなった
以上

記事本文: 見る探る:武蔵小杉のタワーマンションどうなった 浸水の意外な原因、残る教訓 - 毎日新聞

いま話題の記事