TOP > 国際 > 食卓から消えた白身魚「銀ムツ」 実は北京ダックより高価 - 毎日新聞

食卓から消えた白身魚「銀ムツ」 実は北京ダックより高価 - 毎日新聞

46コメント 登録日時:2019-10-22 12:36 | 毎日新聞キャッシュ

 「銀ムツ」という魚を覚えているだろうか。かつては安くておいしい白身魚としてスーパーなどで人気だったが、今では日本の食卓からすっかり姿を消してしまった。そのわけを探ると、魚の「買い負け」という厳しい現実が浮かび上がった。...

Twitterのコメント(46)

高校時代の思い出といえば銀ムツの煮付けを食べまくっていたことしか思い出せない程度には乱獲の一端を担っていました…本当にめちゃめちゃおいしいよねぇマゼランアイナメちゃん…
銀ムツと言えば3年ぐらい前まで営業してたふぐ屋のランチメニューで定番だったが、まああの店は店主の道楽っぽかったしなあ。 / “ - 毎日新聞”
メロ…好き…。
銀ムツは昔からピンキリ。最近はスーパーでは全く見かけなくなったけど、デパ地下鮮魚コーナーには売ってる。でも一切れ2000円はする。それでもたまに買って煮つけてます。大好物なんだもん。/
安い白身魚フライの代名詞みたいな魚だったのに今はこんなことになってるのな…
たしかに最近スーパーでメロウって書いて高級魚と並んでるもんな
そう言えば、本当に食べなくなったなぁ
高級魚になっていたんでは、口に入らないよなぁ

くじら肉が解禁にならないかなぁ~
鯨ベーコンの脂なら、銀ムツに負けない!!
銀ムツがマジェランアイナメになったころからすっかり聞かなくなったと思ったら。日本近海の水産資源も枯渇が心配だし、厳しい時代だねえ
“そのわけを探ると、魚の「買い負け」という厳しい現実が浮かび上がった。” /
2000年代に入るとメロの価格は急上昇を始める。乱獲を防ぐため漁獲規制が厳しくなる一方で、世界的に需要が増加。特に中国の輸入増加が激しく、日本は「買い負け」するようになった。
マジでメロは安くて脂が乗ってて最高に美味しい魚だったのに、いま食べようと思うと、なかなかどうしていいお値段するんだよね…。༼;´༎ຶ ۝ ༎ຶ༽
メロ、大好きなんだけどなぁ
ショボ━(´・ω・`)━ン
40年ほど前は和牛のタンも捨てるほど余ってたのを思い出すなぁ…
そういえば最近食ってないなと思ったら、そういうことだったのか。
デパ地下とかで惣菜としてたまーに買うんだけどなんでこんなに高いのかと思ってましたわ。買い負けか…
確かに見なくなった~。給食でも出てたのにσ(^_^;
鯨かな?人間かな?
そういや、最近見ないなと思ったら日本の「買い負け」だったのか。普段、シャケもサンマも100円台前半でないと手を出さないけど、多少値がはっても魚を食べて買い支えることができる財布の持ち主になりたいことであるよ。
食卓から消えた白身魚「銀ムツ」。その訳は…
小さいころたまに食べた銀ムツめちゃくちゃすきだった……
俺は魚嫌いだけど、致死意図しては持っていて、それでいえば高級魚よ、もともと。でも、数が減ってますます高級になったんだろう。
なぜ北京ダックと比べた。
どうも見なくなったと思ったら中国で食い始めたのかよ。
日本人に目を付けられた魚は希少化して高騰する運命…。 →
日本食ブームの世界で今更、俺たちの魚を食べるなと外国人には言えない。彼等は美味いものを知ったんだ。
たとえば、テレビ通販の生放送でエビやホタテを売ってて「通算100万セットを売り上げました!」とか「本日すでに1万セットご注文いただいてます!」とか言ってるけど、それだけ獲って絶滅しないとは海洋資源てものすごいねんな!と、逆に思う。
銀ムツの場合は乱獲というより、他国と比べて高値を付けられず競り負けて輸入できない「買い負け」みたい。海外からの輸入が厳しいなら、なおさら、日本近海の漁業資源の保護はしっかり取り組んでほしいと思う。
昔食べた煮付けが美味しくて、銀ダラだと思って煮てみたけど、全然違う味だった。あれがメロだったのね😅道理で見かけないと思った。美味しいのに〜😭
メロ…メルルーサのことかと思ったら銀ムツって言われてるアレなのか。むつって名前がつく魚はみんな高級になっちゃうね~
そういや実家で煮つけ食ってた気がするけどスーパーでめっきり見なくなったな…。
いやいや...魚一匹の価値が高騰しただけで魚全体が高値のはなになるわけ無いでしょ...むしろ銀ムツに素早く価値を見いだしてた日本人の慧眼があったと言うべきでしょ
これ食べたられいわ新選組は発狂するんじゃないの?
>「魚は安くて当たり前」の日本では
>いずれ魚は庶民にとって「“高値”の花」になるかもしれない

魚は今でも結構高いよ。
米産とか豪産の輸入豚肉の方が安かったりする。
メロそういや最近見ないね
身もほぐれやすくて食べやすかった
美味しかったもんなー
高くなっても仕方ないわなー
「 「魚は安くて当たり前」の日本では、」いつから,なんでそうなった?!|
何の白身魚か知らずに食べてるので気にしたことがなかったなぁ。
メロ、ウマイよね。銀ムツという名前は関係ないでしょ。値段が上がったってだけで、全然食卓から消えてないと思うけどね。普通に売ってるじゃん。
10年前くらいに、突然パッタリと見かけなくなったのよね、ダイエーのメロカマ。気に入って買ってたんだけど。経済も戦争、食料の取り合いで済んでればいいけどね。
食卓に並ぶ魚で一番好きなのが銀ムツでした
むかし給食で見かけたメルルーサとも異なる魚なのか…。
私の中では、魚はすでに贅沢品だ。食べてもサケやサバの弁当程度(本当はサケやサバの模造品かも)。
うーん、トロだって江戸時代は捨てる部位だったからいいんじゃない?消えてたのは全く気づいてなかった。白身魚は白身魚としか認識してなかった…
ほら言わんこっちゃない、「買い負け」するリスクがあるんだから、ベーシックな食品は自国で調達できるようにしないとダメだって。
海外相手の買い負けって国内で紙幣刷っても解決しない、それどころか悪化するんですが世の「紙幣刷って消費」な方々はこれをどう思ってるんだろ
「寿司・魚食文化を世界に」なんてほざいてたブローカーどもは万死に値する。
以上

記事本文: 食卓から消えた白身魚「銀ムツ」 実は北京ダックより高価 - 毎日新聞

関連記事