TOP > 社会 > 小泉環境相、水俣病患者認定基準見直しに否定的考え 被害者らとの溝埋まらず - 毎日新聞

小泉環境相、水俣病患者認定基準見直しに否定的考え 被害者らとの溝埋まらず - 毎日新聞

22コメント 登録日時:2019-10-19 21:26 | 毎日新聞キャッシュ

 被害者らの声は、今年も国に届かなかった。熊本県水俣市で19日、水俣病犠牲者慰霊式が営まれ、参列した小泉進次郎環境相は被害者らが強く求める水俣病認定基準の緩和に、歴代環境相と同様の否定的な考えを示した。水俣病は公式確認から63年。患者認定に漏れるなどした約1700人は今も認定や賠償を求める訴訟を続け...

ツイッターのコメント(22)

安倍政権に弱者に寄り添う気持ちなんてないよ
特に安倍と小泉にはね
どのくらい好感度に耐性があるかシミュレーションしてるんじゃないか。
「ご要望はしっかり精査します」

だんだん、官僚お役所言葉・霞が関用語になってきたなぁ…

今後は、ポエムから霞が関文学へとシフトしてくぞぇ…
参列した小泉進次郎環境相は被害者らが強く求める水俣病認定基準の緩和に、歴代環境相と同様の否定的な考えを示した。
小泉という男、中身がない薄い薄い人間だと思ってたが、人としての情も薄かったな。
被害者を顧みない自民党政権と自民党政治家達。#被害者を顧みない自民党政権
水俣病は公式確認から63年。患者認定に漏れるなどした約1700人は今も認定や賠償を求める訴訟を続け、「公害の原点」の出口はまだ見えない。=
引用:... 健康調査は水俣病関係者の間で「パンドラの箱」といわれている。既に長い年月が過ぎ、どこまで有効な結果を出せるかは未知数だが、長期にわたる微量汚染の影響や軽症患者の実態が明らかになれば、国は被害者救済の抜本的な見直しを迫られるからだ。(続
中身のない男の本音が出た!
クソが。ほんと人の痛み苦しみのわからない外道だよ。
小泉を二度と水俣に戻らせてはならない。美しい郷が、無知と心の毒で、汚染してしまう
小泉ボンのあれこれに引っ張られ肝心の慰霊式自体の報道が少ないのが本当に不満である
政策空っぽ、あたま空っぽ。

★小泉環境相、水俣病 認定基準の緩和に否定的な考え
小泉環境相、水俣病 認定基準の緩和に否定的な考え
#超バカ進
コイツは水俣病を知っているのか?
年齢的には実体験はない。
後は勉強のみ、だが、
バカなコイツは本すら読んでいないことも。
中学校から、やり直せ!
脳みそが空っぽのいい家のおぼっちゃまは生ハメすることしか考えてないから話が合うわけがない。
# 参列した小泉進次郎環境相は被害者らが強く求める水俣病認定基準の緩和に、歴代環境相と同様の否定的な考えを示した。
「同じ海の魚を食べているのだから線引きはおかしい。国が健康調査をしないのは、被害の広がりが明らかになれば、従来の救済策の誤りが露呈するからだろう」
◆「セクシーに取り組んでいきます」って言わなかったの?
「厳しい基準で救済されるべき人が除外されている」と訴える被害者らとの溝は今年も埋まらなかった。水俣病は公式確認から63年。患者認定に漏れるなどした約1700人は今も認定や賠償を求める訴訟を続け、「公害の原点」の出口はまだ見えない。
「一緒にノドグロ食べましょうよ」
と調子のええ事を言ってたんだから、
水銀入りの魚食べてから認定基準を考えたらどうや。
以上

記事本文: 小泉環境相、水俣病患者認定基準見直しに否定的考え 被害者らとの溝埋まらず - 毎日新聞