TOP > 社会 > 英語民間試験「強行の理由ない」「せめて延期を」 国立大学協会前で抗議集会 - 毎日新聞

英語民間試験「強行の理由ない」「せめて延期を」 国立大学協会前で抗議集会 - 毎日新聞

18コメント 2019-10-04 22:17 | 毎日新聞キャッシュ

 2020年度から始まる大学入学共通テストへの英語民間試験導入に反対する抗議集会が4日、東京都千代田区の国立大学協会(国大協)前で開かれた。全国の国立大学法人でつくる国大協は、一時は入試改革に懸念を表明しながらも17年11月、一般選抜の全受験生に民間試験を課す方針を決定した経緯がある。今年9月から文...

ツイッターのコメント(18)

@sachihirayama この記事の動画に田中真美さん映ってますかねー

英語民間試験「強行の理由ない」「せめて延期を」

今年9月から文部科学省前で集会を開いてきた元英語教諭、田中真美さんが呼びかけ、駆けつけた大学教授らとともに、初めて国大協前で抗議の声を上げた
新大学入試・英語民間試験導入、Benesseが仕切って大儲け?萩生田大臣がここで登場。これか?何かやると思ってたが、癒着? 「強行の理由ない」「せめて延期を」
違うテストの結果で優劣を決められるわけがない。受験生に大きな経済的負担を強いる。絶対間違っているのに止められない利権がらみの公共事業。犠牲者は全国の高校生たちだ。
「これが本当に国立大学、公共物のやることなんですか?」
これも民営化(私営化)的な話。ひどいよねぇ…何がPPP(公民連携、官民連携)だって。
全国紙の映像班に撮られた画像が、阿部先生の背後での「古代エジプト的無表情」だったことは、特筆に値する。
大学受験、英語民間試験の問題について
無料で聞かせて下さる毎日新聞、中川記者さんのおかげ?動画、ありがとうございます
中川記者、今回もカメラ下げておられました。映像部任せにしない気迫を感じる。
最後の中村拓人さんの訴えには特に共感。少数者への配慮を欠き、公教育を破壊する動きには強い違和感を持つ。公立大学の経済的なハードルが高くなれば、教育の機会均等を損なう。
なんだこのへたれな態度は。世界的な景気減速が懸念され、米欧が利下げに動く中、堂々と消費税を10%に引き上げた安倍総理の態度を見習いなさい!
動画フリー。すごい。
この記事、高校生以下の子どもを持つ人はもちろん見た方がいいし、そうでない人も未来を考えるなら見た方がいい。
「有無を言わせず」という「権力」の動きが進んでいるぞ。(つづく)
有料記事ですが、動画はfree!
mamiさん、ご尽力ありがとうございます。
“2020年度から始まる大学入学共通テストへの英語民間試験導入に反対する抗議集会が4日、東京都千代田区の国立大学協会(国大協)前で開かれた。” / “ - 毎日新聞”
この集会について、毎日以外は報じていますか??テレビは??
もっと知って欲しいし、もっと反対の声を拡げたい。
英語民間試験に対し「強行の理由ない」「せめて延期を」と国立大学協会前で抗議集会が開かれました。
2020年度から始まる大学入学共通テストへの 導入に反対する抗議集会が4日、東京都千代田区の国立大学協会(国大協)前で開かれ、大学教授らが抗議の声を上げました。
記事は有料だけど動画はみれるしわりと長め。各スピーチ必聴です。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR