TOP > 社会 > 「家屋被害ゼロ」なのに「電気なしの生活」強いられて 千葉・鋸南町 - 毎日新聞

「家屋被害ゼロ」なのに「電気なしの生活」強いられて 千葉・鋸南町 - 毎日新聞

13コメント 2019-09-15 21:19 | 毎日新聞キャッシュ

 台風15号が襲い、約3000戸で停電が続く千葉県鋸南(きょなん)町は、県の発表では住宅被害が「ゼロ」だ。だが町を歩くと、屋根が壊れたり外壁が破壊されたりしてブルーシートを張った家が目立つ。台風通過から16日で1週間。電気がつかない壊れた家で、ろうそくや懐中電灯を頼りに生活する住民たちはやりきれない...

ツイッターのコメント(13)

国の職員は視察に来たけど、県の職員は。。?>。<。。?-
家屋被害ゼロの意味は?一部壊れていても被害無しと算定されるの?おかしくない?-----
国の職員は視察に来たけど、県の職員は見ない。
人口が 推計で7,441人ということは…
台風15号が襲い、約3000戸で停電が続く千葉県鋸南町 県の発表では住宅被害が「ゼロ」
町を歩くと屋根が壊れたり外壁が破壊されたりしてブルーシートを張った家が目立つ。被害を隠蔽してる
千葉県知事は自分の無能さを隠したいのか?
ほんと、大変ですよね。
早く元の暮らしに戻れたらいいです。
安倍自民に棄民された千葉県民は次期選挙で自民全員を落とすべき。
日本史に「千葉の乱」と永遠に記されるだろう。
現代で敵の首を取る唯一の方法だ。
勿論、支援してくれた人に投票を!

まず被害戸数の確認、それから被災者生活支援法の適用だと思うんだけど、本当に、大丈夫か…→
森田知事は自民党と関係が深いので政権に忖度して被害を矮小化することにしか力を入れていないようにしか見えない。誰のための県政か誰のための政治なのか?
皆さん、千葉県庁はどんな調査を
したんでしょう。
「家屋被害ゼロ」なのに
「電気なしの生活」強いられて 
千葉県『』
台風15号が襲い約3000戸で停電が続く千葉県鋸南町は、県の発表では住宅被害「ゼロ」。だが町を歩くと屋根が壊れたり外壁が破壊されたりしてブルーシートを張った家が目立つ。電気がつかない壊れた家で、ろうそくや懐中電灯を頼りに生活する住民はやりきれない表情を浮かべた。
辛く苦しい生活が続いています📢

 千葉・鋸南町(毎日新聞)
「県の発表では住宅被害が「ゼロ」だ。だが町を歩くと、屋根が壊れたり外壁が破壊されたりしてブルーシートを張った家が目立つ。」

??????????????
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR