TOP > 政治・経済 > 現状維持内閣、生活感覚ゼロ内閣、バーベキュー内閣…「安定と挑戦」よくよく見てみると - 毎日新聞

現状維持内閣、生活感覚ゼロ内閣、バーベキュー内閣…「安定と挑戦」よくよく見てみると - 毎日新聞

14コメント 2019-09-11 20:06  毎日新聞

 安倍晋三首相が「安定と挑戦」が特徴と表現した今回の改造内閣の顔ぶれを、識者はどう感じたか。3人に名前を付けてもらった。【曽田拓】 「忠誠心に応じたラインアップ」  国際政治学者の三浦瑠麗さんは「現状...

ツイッターのコメント(14)

プチ鹿島氏の「バーベキュー内閣」が最もしっくりくる。
三浦瑠麗氏「安倍さんに近い人が多く、忠誠心に応じたラインアップだ。次期総裁候補を競わせつつ、誰も頭一つ抜け出させていない布陣になっている」
「安定と挑戦」よくよく見てみると -
バーベキュー内閣(by時事芸人プチ鹿島氏)
仲良しのオトモダチを集めつつ、石破氏のような人は外す。「バーベキューも気の合う友達とやるので、印象が重なる」。萩生田氏なんてまさにそれ。
うへー、三浦ナニガシの御意見を拝読するのにお金払うんですか。ご勘弁くださいませ。ご尊顔のお写真、三浦自身提供がポイント。
ドングリの背比べ内閣か。帯にも襷にもならん布切ればかり。
「バーベキュー内閣」。時事芸人のプチ鹿島さんは、そう名付けた。「かつて何らかの問題で批判されたことがあっても関係なく、信頼する仲間を集め、〜身内重用の最終形態のようだ。バーベキューも気の合う友達とやるので、印象が重なる」 -
”経済ジャーナリストの荻原博子さんは、加藤勝信氏の厚生労働相「再登板」に注目した。前回在任中、働き方改革を巡る議論で正面から答えない答弁が「ご飯論法」と批判されたからだ” / “現状維持内閣、生活感覚ゼロ内閣、バーベキュー内閣…「安定と挑戦」よくよく見てみる…”
友達を集めた最後のキャンプファイヤー内閣とも。あんな荒っぽい人事はこれで終わりだからできる。
内閣改造について毎日新聞の取材を受けました。
このポジションはこの人でないとというのは麻生太郎さんぐらいby三浦瑠璃…ホンマ怖い…
#新安倍内閣
「安定と挑戦」…良く言うよ!
お仲間集めの「独裁と暴走」内閣。
しかもバカ揃いの「愚連隊」。
暴走族の方が政治に無関係なだけに、
まだ、可愛い。
三浦瑠麗氏は「忠誠心に応じたラインアップ」と評するらしい。
でも、ちがうよ「でがらし内閣」だよ!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR