TOP > 社会 > 社説:夏休み明けの子供たち 小さな変化にも目配りを - 毎日新聞

社説:夏休み明けの子供たち 小さな変化にも目配りを - 毎日新聞

10コメント 2019-08-27 06:07  毎日新聞

 全国各地で学校の夏休みが終わりつつある。友人関係や勉強などの悩みを抱えている子供は、学校生活が再開するこの頃に、最も不安定になると言われる。  政府の自殺対策白書によると、2013年までの42年間で...

ツイッターのコメント(10)

夏休み明けの子供たち 

#新学期
来週から始まる。
自殺が最も多い時期。
お母さんお父さんジジババ、
学校が全てではない、
知人の教師も「力説」してた。
全国の公立私立の中学校は不登校児童にも卒業証書を出してあげてください。
高校から通信や、大検、高校の単位が取れて手続き後に学費無償になる専門的な高校を受講すれば大丈夫です。
冗談抜きに夏休み開けが命にかかわる模様
お子さんに限らず、みんなで声を掛け合うようにしましょう
普段声をかけてない人も!
「学校なんて行かなくって良いんだよ、命より大切なものはないんだから」大人になったら誰にでも言える言葉だ。子ども時代には言えなかったとしても。
社説です「2013年までの42年間で18歳以下の子供の自殺が累計で最も多かった日は9月1日だった。突出していた。その前後の日も多かった。子供の悩みをどのように受け止め、どういうメッセージを送れば子供を救えるのか。この時期、大人は考えなければならない」
引用「子供の悩みをどのように受け止め、どういうメッセージを送れば子供を救えるのか。この時期、大人は考えなければならない。」
無理して学校に行かなくてもいいよ。我慢することはない。好きなことをやって入ればいい。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR