TOP > 社会 > 明智光秀は近江出身…滋賀県教委係長が「美濃説」に異論 来年の大河は? - 毎日新聞

明智光秀は近江出身…滋賀県教委係長が「美濃説」に異論 来年の大河は? - 毎日新聞

10コメント 2019-07-30 15:23  毎日新聞

 「本能寺の変」で織田信長を殺害した戦国武将・明智光秀は近江・多賀出身――。美濃国(岐阜県)生まれとされる光秀の出身地を「滋賀県多賀町」とする説を、滋賀県教委文化財保護課の井上優係長が提唱している。史...

ツイッターのコメント(10)

来年の大河ドラマに向けて、また新しい明智光秀出生の地がエントリー
岐阜の旧・上石津町(大垣市)と隣接する地域のようだから同系統の伝説なのだろうか
あくまで異伝とのことですが、また滋賀が大河に相乗りしてる、って思っちゃった。 →
脚本なんて構想含めたら相当前から始まっているわけで、しかも再現ドラマとかでもないのだから、新資料が出てきたとしてもあたふたする必要は全然ないのではないかしら。-
前も言ってたよな?根拠となるのが江戸時代以後の書物とか、余計に信憑性ないだろう?
来年の大河は?
光秀の出身地を「滋賀県多賀町」とする説を、滋賀県教委の井上係長が提唱している。史料や現地調査から導き出した説を、あくまでも「異伝」と語るが「美濃説」を裏付ける決定的な証拠はない
以前、戎光祥ヒストリカルセミナーで光秀の出自に触れた木下聡先生は明智氏庶流(嫡流ではない)説だったけれど、若狭や近江方面に何らかのつながりがある可能性にも触れられていたなぁ。
ケンカを仕掛けるような記事は、勘弁してほしい。こわいもん^_^;
なに……!?
まあ、どこ出身かはっきりしてないですしね。
美濃国(岐阜県)生まれとされる光秀の出身地を「滋賀県多賀町」とする説を、滋賀県教委文化財保護課の井上優係長が提唱しています。
(毎日新聞) 明智光秀が近江国佐目(現滋賀県多賀町)で生まれたとする記述がある「淡海温故録
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR