TOP > 社会 > 千葉・市原市が「チバニアン」問題で条例案 「調査研究のための立ち入り」求め - 毎日新聞

千葉・市原市が「チバニアン」問題で条例案 「調査研究のための立ち入り」求め - 毎日新聞

16コメント 登録日時:2019-06-25 07:31 | 毎日新聞キャッシュ

 千葉県市原市田淵の養老川流域の地層を根拠に地球史の一時代を「チバニアン(ラテン語で千葉時代)」とすることを巡り、反対する研究者が土地の一部に貸借権を設定したことに対し、同市は24日、調査研究のために立ち入ることができるようにする条例案を発表した。茨城大などの研究チームは国際学会の3次審査に向けて9...

Twitterのコメント(16)

@tksakg コメント、有り難うございます。反対派が賃借権を取得したのは地層自体の一部でした(毎日新聞25日 )。であれば、当初私が想定した囲繞地通行権の話ではないです。御指摘の条文が反対派に適用し難い理由は、研究者は管理団体でない・研究は管理でないといった所でしょうか。
おお!頑張れ市原市
異論があるなら立ち入りできなくするとか
セコイことしないで
正々堂々と勝負すればいいのにね
9月議会とはギリギリですね。 →
反対する研究者って本当に研究者なのかな…
そういや、三原じゅん子先生は、チバニアンはどの天皇の時代の地層だと思ってるんだろ?
専門外なのですが,チバニアンの件,この記事だと問題の賃借権を設定した土地は天然記念物指定地であると読めます.文化財保護法では私有財産も指定でき,指定されると現状変更禁止など私権が制限されます.続
チバニアンがうんこ案件になってる
「国際学会の3次審査に向けて9月に『チバニアン』を申請する必要があり」
「市はパブリックコメントを募集し、9月議会に条例案を提出する」

…なかなかギリギリですね
これは英断だと思うんだよ。
どう転んでいくのか今後も見守りたい
この記事は土地所有のことが比較的詳しく書かれているか。
民法か憲法の問題にできそう(適当)
前代未聞だ。条例で私権が制約を受けることがあるのだとの思いだ。ところで地権者の動きが奇怪だ。まるで反対者に同調しているかのようだ。>
「チバニアン」反対派の研究者が土地の一部に貸借権を設定したことに対し、市原市が条例案を発表。
毎日新聞のチバニアンの記事に大事な事が書いてある。【市はパブリックコメントを募集し、9月議会に条例案を提出する。】とのこと。こればかりは都民の私では何もできない。地元民の皆様、よろしくお願いします。
以上

記事本文: 千葉・市原市が「チバニアン」問題で条例案 「調査研究のための立ち入り」求め - 毎日新聞

関連記事