TOP > 社会 > 被ばくと子どもの甲状腺がん「現時点で関連ない」 福島県部会 - 毎日新聞

被ばくと子どもの甲状腺がん「現時点で関連ない」 福島県部会 - 毎日新聞

14コメント 2019-06-03 22:52 | 毎日新聞キャッシュ

 東京電力福島第1原発事故後、福島県が当時18歳以下の県内の子どもを対象に実施している甲状腺検査で、有識者による県の評価部会は3日、2014、15年度に実施した2巡目の検査で発見された甲状腺がんと被ばくに「現時点で関連はない」とする結論をまとめた。...

ツイッターのコメント(14)

2019/6/3に福島市のコラッセで行われた、甲状腺検査評価部会についての記事。
#被ばく と子どもの #甲状腺癌 「現時点で関連ない」
見苦しい言い訳
「未来永劫(えいごう)放射線の影響がないと結論付けたわけではない」

 福島県部会(毎日新聞)
データ不足で被ばく線量との相関が不明確だが、関連が強く疑われるのでは?
日本語記事は、これか。
”各委員からは今回の結論は暫定的な評価であることを強調する声が相次いだ。鈴木元・部会長は「未来永劫(えいごう)放射線の影響がないと結論付けたわけではない」と話し…”

ってなんじゃそりゃ?言い訳前提なら”結論”とか出すなや(;´Д`)
→ただ、個別の被ばく線量が評価されていないことなどから、鈴木元・部会長は「未来永劫、放射線の影響がないと結論付けたわけではない」と話し、甲状腺検査を継続する必要があるとした。- 毎日新聞
福島県は正気ではない。
何が何でも甲状腺ガンと原発の関連性を消すつもりだ。
原発が原因ではないという理由は全く根拠がないのに、結論だけはできてる。
この結論を導き出した人達は良心を
持って導き出したのであろうか
そこに不誠実が有れば必ず報いがある
それ程重要な結論
人権停止💥

鈴木元・部会長
「未来永劫放射線の影響がないと結論付けたわけではない~」?????

事故後4~5年目の2巡目の検査は原発事故との影響を判断するのに重要で、38万人を対象に実施し、71人にがんが見つかったか疑いがあり、そのうち少なくとも52人が手術~😔☢️💧
事故後4~5年目の2巡目の検査は原発事故との影響を判断するのに重要で、38万人を対象に実施し、71人にがんが見つかったか疑いがあり、そのうち少なくとも52人が手術した。
認める「時点」が来た時には、色々な意味で手遅れになっているかもしれない。
~加害者側が、「関連ある」とは、言わない!なぁ~
じゃーこんなイミフな結論まとめるなって話よな。男女比も解りませ~んだもんな→“…個別の被ばく線量が評価されていないことや、検査未受診者のデータがないことなどから、各委員からは今回の結論は暫定的な評価であることを強調する声が相次いだ。”
甲状腺がんの発見率と被曝量との間に相関が見られないことが理由です。(西) #
以上
 

いま話題のニュース

PR