TOP > 社会 > 京丹後市内の病院で出産できない状態続く 市立病院の医師急死 - 毎日新聞

京丹後市内の病院で出産できない状態続く 市立病院の医師急死 - 毎日新聞

29コメント 登録日時:2019-05-14 11:38 | 毎日新聞キャッシュ

 京都府京丹後市内の病院で出産できない状態が続いている。市内で唯一、24時間態勢で出産に対応してきた市立弥栄病院の産婦人科部長の大田美則医師が3月10日に急死して以来、出産に対応できなくなっているためだ。市は一日でも早く医師を確保して出産に応じる態勢を再開しようと懸命だが、「八方手を尽くしても過疎地...

Twitterのコメント(29)

闇深い
3月10日以降現在も24時間体制での出産対応が出来ない、過疎の町に来てくれる医者がいないまま。。
TLを横切っていった産婦人科の話はこれか…小児科も働き盛りの過労死(過労自殺も)多いよ/
以前どこぞの大臣が女性のことを「産む機械」と発言して大問題になった。昨今では1人の人間が亡くなったにも関わらず、行政やメディアが「医師の確保」と表現するのは、極端に言えば産科医のことを「産ませる機械」としか思っていないのだろう。こうして産科医が減っていく…
深刻。有事に対応するリソースがないんやな。
宇川に最も近い(それでも車で30分以上)総合病院では、医師不足から出産受け入れができない状態に。切実な問題です。京都府や国は丹後の住民の生活や暮らし、人生を支える施策をもっととってほしい。基地問題だけでなく、生活環境の厳しさに関心をもちつづけたいです。
激務で亡くなった大田医師に合掌。
「医師の働き方改革」と地域差のない医療の両立は難しいが…
地方で医療をしていると、医師数増は必要条件だと実感する。
医師は道路とか信号と同じインフラ扱い。いつも話題は、激務を今までありがとうではなく、代わりがいない、困ったってだけ。
たった一人の医師が急死して医療崩壊とか、どんだけ医師に負担かけてたのよ。
ここが、私の故郷。こんな出産もできないところで、なぜ年間50億円もの利益があがるのか、不思議だ。
一人しかいない産婦人科医が亡くなった。ただ当院まで1時間弱、北部医療センターまで20分。住民も減り、医師もプライベートがある。これまで通り、どこでもどんな場所でも出産なんてできない。一人産婦人科医が善意で...
何で医師確保できないかに考えが及ばない社会に未来はないよ。お馬鹿なマスコミも少しは反省したら?
おじさんの産まれた病院なんだよなぁ😢
京都府京丹後市内の病院で出産できない状態が続いている。
早急な対応をお願いします!

僕も生まれた京丹後市弥栄病院で、産婦人科が機能していないようです。

移住促進を進めているからには、子供が産めないのでは大問題。
京都府京丹後市内の病院で出産できない状態が続いている。市内で唯一、24時間態勢で出産に対応してきた市立弥栄病院の産婦人科部長の大田美則医師が3 ...
これは大変‼️
ヽ(´Д`;)ノ・・・これは大変!
これ、ただでさえ産婦人科医不足してる今、あちこちの地方都市にとって他人事ではない筈😱
出産控えた妊婦さんとか不安だろうな。早く何とかなるといいのだけど。
とある田舎町の「産婦人科、大変ですよ!」という話です。
医師が少ないところに予想外のことが発生し、医療が維持できなくなる…

 市立病院の医師急死(毎日新聞)
どういう理由で急死されたんでしょうか…お一人で全てを担われて過労でお亡くなりになったのだとしたら、よほど労働条件を改善しなければ新しい人は来ないでしょうね…
( °Д°) 大田美則 先生!? 名前に聞き覚えがあるのだけど…。
京丹後市内の病院で出産できない状態続いています。市は一日でも早く出産に応じる態勢を再開しようと懸命ですが…。
いずへこうなることは分かってたのに対応しなかったのがねえ。
年間うん千件かかえてんのにどーなるんだろうねえ。
1人の医師が亡くなって態勢が組めなくなったとは。
少子化対策は?一体何が進んでるのんだか
#公立病院 医師も働きすぎか。
福祉・教育を疎かにした政治の「付け」
箱物と車ばかり優先 
人命・食料は二の次ぎ=今の安倍政治!
少し疑問。過酷な環境かも云々は置いといて、
医師って免許があれば「好きな科を標榜出来る」んだよね?
なのに小児科産婦人科目指すとかの部分に疑問を感じる。
開業医1人で10科以上掲げてる所もあれば、専門医の必要性を唱え。
うーん、制度的になんかもやもやする。
以上

記事本文: 京丹後市内の病院で出産できない状態続く 市立病院の医師急死 - 毎日新聞

関連記事