TOP > 社会 > 崩落「尖塔」の修復はコンペで ノートルダム大聖堂火災 - 毎日新聞

崩落「尖塔」の修復はコンペで ノートルダム大聖堂火災 - 毎日新聞

17コメント 登録日時:2019-04-18 11:24 | 毎日新聞キャッシュ

 【パリ賀有勇】フランスのマクロン大統領は17日、火災に見舞われたパリのノートルダム大聖堂の再建に向けた複数の会議を開いた。焼け落ちた高さ約90メートルの尖塔(せんとう)の修復について、国際的なコンペティションを行って世界中からデザインを募ることを決めるなど、「5年以内の再建」に向けた歩みを本格化さ...

Twitterのコメント(17)

ノートルダム大聖堂の修復案をコンペでという話をワールドニュースで見て、屋根つけるとか最先端の素材使うとか案が出ていた。勝手に、熊本城などのように元どおりを目指すものと思い込んでいてのでビックリした。私の頭は固いのねー。
コンペとは…乗り越えるべき課題や賛否あるだろうが、意思決定機構が柔軟な発想を持ってる点に関心をする。
まじか、これすげえな。単なる復原ではなく、新しいノートルダムの在り方ををコンペで募るのか→
コンペで尖塔のデザイン決めると聞いたときに「それは復元じゃないだろ」と思ったが記事読んでみてわかった
フランスのこの感覚がすごいよな。世界中が人類の財産を失った悲しみに包まれる中で、「元々あのデザインは気に食わなかった」と復元ではなく新しいデザインを即決するとはw 日本なら感情に流されて復元だろう。
ノートルダム大聖堂は国有財産らしい(全宗教施設国有らしい)ので、もやもやしてもすべてはフランス政府の決定か。修繕についてもカトリック教会からの要請しても、なかなか進展してなかった(金がない)っぽい(ソーススプートニク)。政府的に結構後ろ暗いのか?。
コンペには驚いた。

今のデザインに賛否あるようだが、今生きてる人は今の建物に馴染んでるし、それが世界遺産なのだからして、復元でいいんじゃ?とフランス人でもないのに余計なお世話ね、黙ってよ。
やっぱりそう来なくっちゃね
天辺は木製だったのか
道理でよく燃えるわけだ
木造の旧跡が多い日本も火災対策は充実させんとな
まあしかし19世紀増築分とはいえデザイン改変もありとは
流石おしゃれな国フランス
建築技術の評判は不明
コンペ!!!!
イエズス会の重要拠点だからね。
21世紀らしい巨大な5Gアンテナにすれば良いんじゃないw
うーむ、歴史を考えたら、新しいデザインというのもありなのか。ルーヴルに変なピラミッドを建てたりする国だからな、日本人の感覚とはちょっと違うんだな。
え!デザイン変えるのか。→
えっ、デザイン変える?? あり得ない。正気なのか。
「とどまるために走り続ける」ということだろうか。
「国際的なコンペティションを行って世界中からデザインを募る」え、そうなの?
焼け落ちた尖塔の修復は、国際コンペを募ることになりました。
以上

記事本文: 崩落「尖塔」の修復はコンペで ノートルダム大聖堂火災 - 毎日新聞

関連記事