TOP > 社会 > アマゾン、中国でのネット通販撤退へ アリババなど中国勢に勝てず - 毎日新聞

アマゾン、中国でのネット通販撤退へ アリババなど中国勢に勝てず - 毎日新聞

12コメント 2019-04-18 19:36 | 毎日新聞キャッシュ

 米インターネット通販大手のアマゾン・コムは18日、中国国内でのネット通販事業を7月18日に停止すると発表した。アリババグループなど中国勢が圧倒的なシェアを持つ中、アマゾンは現地化がうまくいかずに競争に敗れ、撤退を決めた。中国メディアなどが報じた。...

ツイッターのコメント(12)

Amazonも中国ではアリババに勝てない。
中国ではアリババが独占ですね。
「巨人」アマゾンでも負けるんだな。中国市場おそるべし。>
アマゾンが撤退してもアリババという巨大企業に替わっただけのこと。巨大株式会社の問題は温存されたまま。
Amazonを撤退させるって、すげえな中国。
逆に京東のアメリカ進出は、うまくいかないのでは?と思ってる。
『米調査会社によると、昨年のアマゾンのシェアはわずか0.7%だった』

このニュースを日本人が読んで、何をどう感じるかだよね。
トロツキズムの勝利・・・自由経済に対抗できるのはトロツキズムだけ、レーニン・スターリンでなくトロツキーが権力を掌握してたら、いまごろロシアは世界の覇者やったかもな。
『 - 毎日新聞』 AWS中国から撤退かと思ったらネット通販か。
恐ろしいなアリババグループ・・・
GAFAの一角Amazonが競争に敗れて中国市場のネット販売から撤退するという。いま先進各国は大規模プラットフォーマを如何に規制するかに頭を悩ませている。中国のケースは面白いことを教えてくれそうだ。
国内強いねえ /
以上
 

いま話題のニュース

PR