TOP > 社会 > 毎日新聞 > 幻の科学技術立国...

幻の科学技術立国:第4部 世界の潮流/3 膨大データでAI判定 CT診断に中国ベンチャー 医師15分の作業を1分で - 毎日新聞

7コメント 登録日時:2019-04-18 05:47 | 毎日新聞キャッシュ

 <科学の森>  ●2年半で日本進出  近畿大学病院(大阪狭山市)の一室。コンピューター断層撮影装置(CT)で撮った約300枚の肺の断面の連続画像に次々とマークがつく。肺の病変である「結節」を、人工知能(AI)が見つけているのだ。...

Twitterのコメント(7)

中国の医師の数は欧米などに比べ少なく 農村部の人口1,000人あたり1.8人(とも言われており需要がある)〉「キャッチ!世界のトップニュース」

幻の科学技術立国:第4部 医師15分の作業を1分で (4/18)
ルール無用の強みだよねぇ。
孫悟空分身の術の世界観
幻の科学技術立国:第4部  医師15分の作業を1分で - 毎日新聞
北京に本社がある中国の医療ベンチャーは、設立からわずか2年半で日本に進出しました。
[幻の科学技術立国:第4部  医師15分の作業を1分で - 毎日新聞]
連載第3回では、中国の医療ベンチャー、インファービジョンを取材しました。「膨大なデータを非常に手に入れやすいことが、中国で研究開発する最大のアドバンテージだ」とCOO。
わずか2年半で日本にも進出を果たしました。
幻の科学技術立国第4部 世界の潮流/3 膨大データでAI判定 CT診断に中国ベンチャー 医師15分の作業を1分で
"AIは、結節の直径や位置、色の濃淡などを瞬時に識別。医師が見逃しやすい6ミリ未満の結節も高感度で見つけるという。治療の必要のない良性か、がんに進行する可能性がある悪性かも判定する" / “幻の科学技術立国:第4部  CT…”
以上

記事本文: 幻の科学技術立国:第4部 世界の潮流/3 膨大データでAI判定 CT診断に中国ベンチャー 医師15分の作業を1分で - 毎日新聞

関連記事