TOP > 社会 > 毎日新聞 > 計画凍結中の大戸...

計画凍結中の大戸川ダムを容認へ 滋賀県知事が方針転換 - 毎日新聞

13コメント 登録日時:2019-04-16 06:21 | 毎日新聞キャッシュ

 国が大津市に建設を予定し、計画が凍結されている淀川水系の大戸川(だいどがわ)ダムを巡り、滋賀県の三日月大造知事はダムの建設を容認する方針を固めた。16日午前の記者会見で方針を説明する。大戸川ダムを巡っては2008年、当時の嘉田由紀子知事が京都、大阪、三重各府県知事とともに建設の凍結を求める共同見解...

Twitterのコメント(13)

巨額の税金の拠出する大阪と京都は反対しないと。ゼネコンと悪代官のような政治家が結託して血税を猫ババ企んでいるだけ。静岡空港とか神戸空港みたいな何の意味もないものにカネつかうのはもう勘弁して!
一旦は国交省が中止方針を発表した淀川水系の大戸川ダム。ダム問題に熱心に取り組んだ嘉田知事引退後、懸念された通りの展開。三日月知事は大戸川ダムの凍結解除を大阪、京都、三重の府県知事に求めていくと思われます。
ようわからん容認やねえ!
金のもの入りな吉村大阪府知事が同意するわけないやろ!
「おおとがわ」じゃないよ、「だいどがわ」だよ >
ついにか。市民、行政、研究者の3者が何度も意見を交わして出した結論は何だったのか。淀川水系流域委員会が事実上潰されて以降、いつかはこうなると思っていた。他のダムにまで波及しなければいいけど。
ダムは河川の氾濫を防ぎます。発電所機能を追加したらどうでしょう。
全国の治水専用ダムには発電機能を追加可能なところがたくさんある。
めちゃめちゃわたくしの地元。中学の時ダムで水に沈む予定の場所に住んでる同級生が引っ越しを余儀なくさせられてたけど、未だダム出来ず。どないやねん(・ω・)
淀川水系では既に工事が再開された木津川水系の川上ダムといい、
いまさらなぜ無駄な巨大工事を・・・

はいはい、土建屋の利権のためですよね、わかってますって(-_-;)
国が大津市に建設を予定し、計画が凍結されている淀川水系の大戸川ダムを巡り、滋賀県の三日月大造知事はダムの建設を容認する方針を固めました。
「今年3月には、氾濫の抑制などダムの効果を認める報告をまとめていた。これを受け、三日月知事は大戸川ダムに一定の効果があると判断。」
大戸川が動き出す…!!
ダメでしょ.必要性がない.
国が大津市に建設を予定し、計画が凍結されている淀川水系の大戸川(だいどがわ)ダムを巡り、滋賀県の三日月大造知事はダムの建設を容認する方針を固めた。
これは嘉田氏の裏切り行為では?

ダム建設中止を求める立場としては、参院選での共産党も含めた野党共闘はありえない!

改めて、佐藤こうへい候補の正式出馬を願います!!
以上

記事本文: 計画凍結中の大戸川ダムを容認へ 滋賀県知事が方針転換 - 毎日新聞

関連記事