TOP > 社会 > 防衛装備の海外調達が過去最高9417億円に 国内伸びず防衛産業撤退組も - 毎日新聞

防衛装備の海外調達が過去最高9417億円に 国内伸びず防衛産業撤退組も - 毎日新聞

20コメント 2019-03-16 21:56 | 毎日新聞キャッシュ

 防衛省が来年度に締結する装備品契約額のうち、海外調達は過去最高の9417億円に上る見通しだ。米国との政府間取引である有償軍事援助(FMS)などで高性能装備品の輸入が増えているためで、契約額の3割弱を占める。一方で国内調達額は伸びていない。防衛事業から撤退する国内企業も出ており、防衛産業の維持を危ぶ...

ツイッターのコメント(20)

えっ、日本の軍需産業は成長産業という触れ込みを財界は信じてたんじゃないのか。
一方で国内調達額は伸びていない。防衛事業から撤退する国内企業も出ており、防衛産業の維持を危ぶむ声も出ている。
安倍首相で防衛産業も順調に瓦解中。
 任せて安心安倍首相。
防衛産業の社員が某国からのミサイル危機煽るのコレか /
日本の軍需産業がどうなろうが知ったこっちゃないが、トランプ言いなりのアメリカからの役立たず兵器の「バカ買い」はやめろ。
防衛装備海外調達が過去最高9417億円
防衛省の来年度装備品契約の内、海外調達は9417億円に上る見通し。米との政府間取引である有償軍事援助等で高性能装備品輸入が増え、契約額の3割弱を占める。国内調達は伸びず防衛事業から撤退する国内企業も
…撤退する国内企業も出ており、防衛産業の維持を危ぶむ声も出ている。
国内産業を衰退させつつあるアベ政治
軍需産業の販売先を海外に開いても、国の防衛装備調達は海外に
「アベ政権は売国奴」って言われても仕方ないね
海外調達は全体の27.6㌫を占め、18年度(18.8㌫)に比べると大幅増だ。トランプ大統領の歓心を買うために米国兵器を大量に購入した結果だろう。社会保障費を抑制しての大盤振る舞い。安倍政権はどこを向いて政治をしているのか。
事実上日本の富を海外に流出させているアベノミクスと同様、どこに恩恵が現れているのか解らない安倍政権の経済政策。もしや日本の各種産業を海外に売り渡すか壊滅させる為に産まれた政権なのかもね…。
防衛省が来年度に締結する装備品契約額のうち、海外調達は過去最高の9417億円に上る見通しです。
米穀の産業を育てる。トランプの政策に軍用品調達で日本が貢献。日本の防衛は米国に依存。米国からの防衛装備品が途絶えたら島国日本は。。
農業も防衛も、安倍の売国政策で国内は廃業の危機
政治の問題だからどうしようもないけど
なんとか国内防衛産業は大事にしてほしい

【軍事】
生活が苦しい私達の税金で、アメリカの軍需産業と経済を防衛しているワケか・・・オカシイ!
防衛関連...
思惑だけで...
〈F35ステルス戦闘機の取得が始まった12年度以降、FMSによる調達が急増したことに伴い、上昇傾向〉
高性能装備品の輸入が増えているためで、契約額の3割弱を占めることに。一方で、国内調達額は伸びておらず、防衛事業から撤退する国内企業も出ており、防衛産業の維持を危ぶむ声も聞かれるのです。 / “ 国内伸びず防衛産業撤退組も…”
防衛省が来年度に締結する装備品契約額のうち、海外調達は過去最高の9417億円に上る見通しだ。契約額の3割弱を占める。一方で国内調達額は伸びていない。
ついこの間まで国内防衛産業の育成を叫んでいたのに、トランプ政権への媚びへつらいは、それよりさらに大切ですか。↓
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR