TOP > 社会 > 毎日新聞 > 大阪大元准教授、...

大阪大元准教授、地震論文5本で不正 17本の判定を留保 - 毎日新聞

24コメント 登録日時:2019-03-15 21:17 | 毎日新聞キャッシュ

 大阪大は15日、大学院工学研究科に所属していた秦吉弥・元准教授(故人)らの研究チームの論文5本で、捏造(ねつぞう)や改ざんの研究不正があったと発表した。熊本地震(2016年4月)と東日本大震災(11年3月)で、自ら設置した地震計で観測したとするデータが他の機関のデータを加工したものだったなどと認定...

Twitterのコメント(24)

熊本地震、東北大震災に関して、阪大の教授が地震をねつ造?いったい何のために?そして調査前に亡くなった?
やれやれ・・
かけがえない人命を救うための研究のはずが、人命をダシに使った守銭奴丸出しじゃん?
オレも捏造や改竄を積極的にやっていこうと考えていたら、フォロワースは今よりも一桁余計に増えていたに違いないと思う。出版でも統計でも学術論文でも、事実の書き換え問題という話題には事欠かないが、平成から次の世代へと続く一種の文化なのかもしれない。
⭕️大阪大元准教授の地震論文に「捏造や改ざん」不正
熊本地震と東日本大震災で、自ら設置した地震計で観測したとするデータが、他の機関のデータを加工したものだった。内部調査の開始前に元准教授は亡くなったが、阪大は死亡の経緯を明らかにしていない。闇は限りなく深い。
> 元准教授は調査委の聞き取りで、「出張申請せずに私費で行った」などと全ての疑惑について不正を否定したという。

この段階では生きてる…(´・ω・`)
「残り17本についても観測データの改ざんや捏造が強く疑われたが、調査開始前に元准教授が亡くなり、聞き取り調査や生データの確認ができなくなったため判定を留保した。阪大は死亡の経緯を明らかにしていない」
不正ではなくて、
わからない事を、
わかった風に書いただけでは?

地面の下の事なんて、
わからないことだらけだよ

天気予報当たる?
ましてや地震なんて
これヤバイ、恐怖の捏造
-  亡くなっちゃってるんだ…
熊本地震(2016年4月)と東日本大震災(11年3月)で、自ら設置した地震計で観測したとするデータが他の機関のデータを加工したもの
>残り17本についても観測データの改ざんや捏造が強く疑われたが、調査開始前に元准教授が亡くなり、聞き取り調査や生データの確認ができなくなったため判定を留保した。阪大は死亡の経緯を明らかにしていない / “ - 毎…”
残り17本についても観測データの改ざんや捏造が強く疑われたが、調査開始前に元准教授が亡くなり、聞き取り調査や生データの確認ができなくなったため判定を留保した。阪大は死亡の経緯を明らかにしていない
「熊本地震と東日本大震災で、自ら設置した地震計で観測したとするデータが他の機関のデータを加工したものだったなどと認定」「阪大は『長期かつ多数行われており、悪質度は極めて高い』と」
「残り17本についても観測データの改ざんや捏造が強く疑われたが、調査開始前に元准教授が亡くなり、聞き取り調査や生データの確認ができなくなったため判定を留保した」亡くなってたとは…
この国には良い改ざん捏造と悪い改ざん捏造があるようです(^-^)凸
恐ろしすぎるねつ造。
いままでなかったけど、知ってる先生が頭下げてるのをみると、感じるものがありますね。どういう気持ちで、ほとんど関わりない人のために頭下げてるんだろ。こういう仕事もあるんですね。
熊本地震(2016年4月)と東日本大震災(11年3月)で、自ら設置した地震計で観測したとするデータが他の機関のデータを加工したものだったなどと認定した。
研究者への倫理教育を徹底するなどの再発防止策を示した…by 阪大
「阪大は死亡の経緯を明らかにしていない。」
<自ら設置した地震計で観測したとするデータが他の機関のデータを加工したものだった ><現地に出張していない日の観測データが存在>
本日午後4時から大阪大で記者会見が開かれ、取材しました。研究不正が認定された元准教授は既に故人。動機は不明のまま。何とも言えない会見でした。
以上

記事本文: 大阪大元准教授、地震論文5本で不正 17本の判定を留保 - 毎日新聞

関連記事