TOP > 社会 > 京都市の救護施設計画に近接の向日市民が反発 「治安悪化の恐れ」 - 毎日新聞

京都市の救護施設計画に近接の向日市民が反発 「治安悪化の恐れ」 - 毎日新聞

13コメント 2019-03-01 11:38 | 毎日新聞キャッシュ

 京都市が伏見区で進める生活困窮者らの福祉施設「救護施設」の建設を巡り、周辺住民が反発している。市境を挟んで予定地と接する京都府向日市の住民が「ホームレスの人や刑務所出所者も対象になり、治安悪化の恐れがある」と懸念し、同市議会が着工見合わせを求める意見書を京都市に提出。京都市議会は先月、予算計上され...

ツイッターのコメント(13)

いつも思うが自分のとこには来て欲しくない、他で作れって自己中極まりないやろ。おまけに完全な差別‼️
コイツらに人の心はないんやろな
🚨 向日市上植野町で起きた死体遺棄事件は、殺人事件の元受刑者が、出所後間もなくに起こした事実。殺人事件の元受刑者が出所後、近所に住んでいた事実は、この事件で初めて知りました。向日市境の救護施設計画に、間違いなく影響出るでしょう。@city_kyoto_all
…“市民”を名乗る連中は、「不審人物は(色々と)危険だから拒絶しろ」とハッキリ言えばいいのにな(汗)。>
はっはーん。この後、治安維持を口実に京都市軍が向日市に乗り込み実効支配するつもりかぁ。
向日市が治安懸念を言い出すところまで織込み済みやったんやな。
「ホームレスの人や刑務所出所者も対象になり、治安悪化の恐れがある」と懸念し、同市議会が着工見合わせを求める意見書を京都市に提出。京都市議会は先月、予算計上されていた整備助成金1億2920万円の新年度繰り越しを決めた。/
これどう考えても京都市のやり方が稚拙でしょ。
どうしてこんなに弱者に冷たい世の中になってしまったのか。⇒  「治安悪化の恐れ」|毎日新聞 施設は生活保護法に基づく入所施設。高齢や精神・身体の障害などで単身生活が難しい人が対象で、生活訓練や就労支援で自立を図る。
人はみんな自分は善だと思っているからこうなる
こことは違うけど、とある奈良の作業所団体が購入していた土地に障害者施設を建設すると話が出ていたが地元は大反対したらしい。皆障害者になれ!
結局こういう人達は救われる事は少ない。残念だが、これが現実だろうとは思うが、いつまでも続くのだろうか??
京都市の担当者は「競馬場や風俗店などと違い、福祉施設に対し反対がこれほど強いとは考えていなかった」と釈明。今後も説明を重ねるという。
一部の団体の言い掛かりだろ、これは……→
住民の疑問に誠実に答え、腰を据えて信頼を取り戻せば状況改善はあり得る。地域で暮らす入所者の身になって、しっかりと対応すべきだ→京都市の救護施設計画に近接の向日市民が反発
京都市が伏見区で進める生活困窮者らの福祉施設「救護施設」の建設に周辺住民が反発しています。「福祉施設に対し反対がこれほど強いとは考えていなかった」と担当者。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR