TOP > 社会 > 慶応大のiPS細胞脊髄損傷治療、国が承認 阪大の角膜再生は見送り - 毎日新聞

慶応大のiPS細胞脊髄損傷治療、国が承認 阪大の角膜再生は見送り - 毎日新聞

19コメント 2019-02-18 13:28 | 毎日新聞キャッシュ

 厚生労働省の再生医療等評価部会は18日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞のもととなる細胞を脊髄(せきずい)損傷患者に移植し、機能改善を試みる慶応大の臨床研究計画を承認した。近く、厚労相が実施を認める通知を出し、年内にも最初の患者に移植される。...

ツイッターのコメント(19)

☆大きな第一歩だ!うまくいくといいな。
脊髄損傷が治せるんだとしたら、ほんとに凄い話ですよね!!
着実に進んでいる。
午前中に厚労省で開かれた会議で決まりました。
研究の歩みを追ってきただけに感慨深いです。
今回の臨床研究は、受傷後間もない患者が対象ですが、岡野栄之教授らの研究チームは「本丸」である慢性の脊髄損傷の患者を対象にした臨床研究の準備も進めています。
神経が再生したらすごいね。眼のほうもやめないで進めて欲しい。購入予定の戦闘機(1機で百億円以上)を減らしても、こういうのに税金を使って欲しいね。
年内にも最初の患者の移植が開始されます。
[ - 毎日新聞](ユニバーサロンのクリッピングでもご覧いただけます )
>iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞のもととなる細胞を脊髄損傷患者に移植し、機能改善を試みる慶応大の臨床研究計画を承認した。
凄い気になる。
より具体的な内容や施術方法をしりたい
神経の再生!
どうか視神経も近い将来には再生に成功しますように!
慶応大のiPS細胞脊髄損傷治療、国が承認(1コメント) :   厚生労働省の再生医療等評価部会は18日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞のもととなる細胞を脊髄損傷患者に移植し、機能改善を試みる慶応大の臨床研究計画…
この業界も今はどうなんですかね. 網膜の話はどうなったんですかね. ->
"近く、厚労相が実施を認める通知を出し、年内にも最初の患者に移植される"
とても面白そう
こういうのに関わりたい
再生医療等評価部会とは
どんなもんやねん⁉️
ネームだけは立派やけどやなぁホンマの機能しとんかぁ⁉️⤴️⤴️
ついにiPS細胞脊髄損傷治療が始まる!神よ、脊椎損傷患者に希望を!<(_ _)>
急げよ馬鹿!刻一刻と命が溶けて流れているんだぞ!とりあえず外国で使われている薬があるのなら自己責任で良いから使わせろ!馬鹿役人!そこに税金使っても誰が文句言うんだ!製薬メーカーだろ!
やっぱりこういうの未だに西高東低の逆ですね。残念!
なんで角膜見送り?ちゃんとした理由が知りたい。慶応、AMEDからみかなと邪推してしまう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR