TOP > 社会 > 記者の目:冷え込む日韓関係 「解決済み」超える努力を=堀山明子(ソウル支局) - 毎日新聞

記者の目:冷え込む日韓関係 「解決済み」超える努力を=堀山明子(ソウル支局) - 毎日新聞

13コメント 登録日時:2019-02-15 06:43 | 毎日新聞キャッシュ

 昨年10月末に韓国最高裁が徴用工問題で日本企業に賠償を命じて以来、日韓関係は一気に冷え込んだ。負の循環は経済、防衛分野にまで拡大、韓国国会議長の「天皇謝罪発言」も波紋を広げる。日本政府は判決に対し「1965年の国交正常化以来築いてきた友好協力関係の法的基盤が根本から覆された」(河野太郎外相)と、全...

ツイッターのコメント(13)

極めてバランスのとれた秀逸な「記者の目」(無料記事にしたらええのに……)
頭いかれてんじゃねーの? このクソ記者
流石は変態新聞の毎日の記者や。アホな記事しか書きよらん。工作員やろこいつは。
× 「解決済み」超える努力を
◎ 例え指一本動かす事でも、新たな行動を求める事は「最終的解決」に反するので協定違反
この記事書いた堀山明子って記者は筋金入りで、長年韓国の立場に立った記事を書き続けてきてる。検索するとそれ以外の記事が出てこないレベル。
冷え込む日韓関係「解決済み」超える努力を  ←なんでこんなホラ吹きたかり乞食のチンピラ民族と仲良くしないといけないんですか?七十年間嫌がらせを受け、たかり続けられていたんですよ。しかも戦前も日本は悪いことなんてしてねーし。謝罪と賠償して欲しいのは日本だわ。
私たちは’65年の日韓条約が妥協の産物であったことを学ばなければならない。しかし、「何も変わらなかった」と言ってしまっては、「解決済み」と言い張ることと同じくらい乱暴ではないか?この間50年余から学ぶことは?

冷え込む日韓関係「解決済み」超える努力を
バカらしい。韓国に向けて、こういう記事を書くべきだ。
慰安婦像も韓国内なら仕方ないと思っていたが、徴用工大法院判決やレーダー照射の対応で「堪忍袋の緒が切れた」状態に陥った。
子や孫の、日本になら何をしても許されるというバカさが無くならないと治まらない。
冷え込む日韓関係についての記者の目です。押さえておきたいこと「昨年の訪日韓国人観光客は史上最多の約754万人。徴用工問題の最高裁判決後も増加傾向で旧正月に海外旅行に出た4人に1人、推計21万人以上が訪日した。韓国では日本旅行や居酒屋文化が空前のブームだ」
面白かった。きちんと取材して書かれたものは、そうとわかるね。/
これは韓国に言うことなのではないでちか?
アホか!解決済みを再燃焼させ、煽り続けたのは朝日や毎日じゃないか。どういう立場からモノを言っているのかわかっているのかね。人としての良識とか無いのか?
(・ω・)やっと少し冷静な記事が出てきた。徴用工判決の後のマスコミは、韓国悪い、常識ないのは韓国だ、という論調が多く反省して欲しい。韓国世論を反日でくくらない記事を望む。
以上

記事本文: 記者の目:冷え込む日韓関係 「解決済み」超える努力を=堀山明子(ソウル支局) - 毎日新聞

関連記事