TOP > 社会 > 桜田担当相 五輪まで続投は「首相が決める問題」 憲章は「読んできた」 - 毎日新聞

桜田担当相 五輪まで続投は「首相が決める問題」 憲章は「読んできた」 - 毎日新聞

13コメント 2019-02-14 20:39 | 毎日新聞キャッシュ

 桜田義孝五輪担当相は14日の衆院予算委員会で、2020年東京五輪・パラリンピックの開催時まで担当相を続けるかを問われ「私が望んでもできない場合もある。私を任命する人の判断による」と述べ、安倍晋三首相が決める問題だとの認識を示した。また13日の予算委で「読んでいない」としていた五輪憲章を読んだかを問...

ツイッターのコメント(13)

宿題忘れて先生に叱られた小学生の翌日か(笑)
本当にパラピックでいいんですか?
2重国籍誤魔化したり、外国人から献金貰って平然としてる馬鹿より100倍ましやな。
安倍は毎日何回嘘をつく?

桜田をかばって安倍は
「副文部科学相として五輪招致に大変尽力」

事実は
招致決定の三週間後に
副文部科学相になったのに。

安倍が嘘をついてまで守るから
続投は安倍が決めるとうそぶく。

やっと「読んだ」というけど
理解出来たのだろうか?
ワハハw 私はこの桜田大臣、なんか好きだわw🤣
13日の同委で首相は「桜田氏は副文部科学相として五輪招致に大変尽力した」と述べたが、実際の就任は招致決定の13年9月7日の約3週間後。
このおっさん、なんか憎めんわ、 -
幼稚園かよ
読んでは来たが、理解できたとは言っていない。→
自分で決めろ。それが「辞任」というんだ。
桜田五輪相は東京五輪開催までの続投を問われ、首相が決める問題との認識を示しました。五輪憲章は「読んでまいりました」と明らかに。
読んだ、で終わらず、質問者は、内容を理解してるか問わないと。
自身で決するべき進退も手前で決められないのかw
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR