TOP > 社会 > 辺野古反対派リスト 個人名削除し再提出か 文書書き換え、違法性問う指摘も - 毎日新聞

辺野古反対派リスト 個人名削除し再提出か 文書書き換え、違法性問う指摘も - 毎日新聞

12コメント 登録日時:2019-02-13 20:34 | 毎日新聞キャッシュ

 防衛省沖縄防衛局が発注した沖縄県名護市辺野古沖の海上警備を巡り、業務を委託された警備会社が米軍普天間飛行場の辺野古移設反対派リストを作っていた問題で、移設の賛否を問う県民投票(24日投開票)が14日告示されるのを前に、国の保有文書が書き換えられたという疑惑を追及する声が高まっている。岩屋毅防衛相は...

Twitterのコメント(12)

大日本は一度も滅んでいない
政府に歯向かうものはリストアップ。ほとんど「公安国家」になりつつあるニッポン!→
仕様書を県に無断で変更、見積もり1社のみ、優良石材の2倍の価格で発注→使われてるのは赤土40%、そして文書書換え。沖縄防衛局はおかしい事ばかり。望月記者はそこを質問していた。
この国では、公文書の開示請求があるたびに、不都合な部分は改竄して公開するルールがあるらしい。(異星人)
2019/02/13

+何を、また。
「委託契約に基づき防衛局が受け取った警備報告書は行政文書に当たる。開示請求後に都合よく文書が差し替えられたら、情報公開制度は全く機能しなくなる」──。その通り。
コメントが載りました。防衛省による不必要な個人情報の収集疑惑と、またもや文書書き換え疑惑について。
「ライジングサンセキュリティーサービス…幹部社員は先月下旬の取材に…反対派の名前を記した「海上警備報告書」を防衛局に提出し、後に個人名を削除して出し直したことを認めた」|2/13毎日:
やるねー、毎日新聞。

この記事見たいものだ
以上

記事本文: 辺野古反対派リスト 個人名削除し再提出か 文書書き換え、違法性問う指摘も - 毎日新聞

関連記事