千葉台風関連の記事一覧

TOP > 社会 > アマゾン書籍買い切り方式へ 年内に試行、値下げ販売も検討 - 毎日新聞

アマゾン書籍買い切り方式へ 年内に試行、値下げ販売も検討 - 毎日新聞

672コメント 登録日時:2019-02-01 00:19 | 毎日新聞キャッシュ

 ネット通販大手のアマゾンジャパンは31日、出版社から書籍を直接購入し、販売する「買い切り」方式を年内にも試験的に始めると発表した。同社は同日の記者会見で、「書籍の返品率を下げるため」と説明し、本の価格設定についても検討する考えを示した。...

Twitterのコメント(672)

試験導入か。これじゃ分からんな
値下げ販売の議論は楽しみ。本の寿命が短い今、値下げをしてでも売り切りたい「売る側」。本の性質上、再ブレイクがあるから値下げができない「作る側」
値下げはまだ無理だけど議論の行方は見逃せない
今後に注目だ。
これはなかなかハードル高そうに見えるが…ただ、交渉に入るってところをみると、この計画に乗る出版社もいるってことなのだろうな
本の値下げ!?
売れない本はどんどん安くなる?
過去のベストセラー本が安くなるのか?
著者として気になるわ〜
本の値下げ!?
売れない本はどんどん安くなる?
過去のベストセラー本が安くなるのか?
Amazon切り込むなぁ〜
「大量に仕入れるから負けろ」と言えるアマゾンなら安売りもできるだろうけど、その煽りで歩いていける本屋さんがなくなって、本好きな人たちが生まれたての本たちに囲まれて過ごせるエリアが消えるならさみしい。 /  年内に試行、値下げ販売…”
今日まで気付かなかったんだけど、先週末、結構なニュースが流れてた。ちょっと情報のアンテナを考えなおさないとダメかな。

……意外と騒がれてない気もするけど。もしかして自分、大げさにとらえすぎかな?
著者の人は嬉しいですね! /
とにかく色んな本を読みたい自分としては値引きされやすくなるのありがたい。
ますます一強になる💧本屋はキツいやろうなぁ😓
遂に書籍の値下げが可能になるのか
この動向が個人書店にどういう影響を及ぼすことになるのかが気になるところ。
毎月1000万近く返品してたねー
文庫とかごっそり無くなったり
おお、これは地味に革命的なニュース?
これからどうなって行くんだろう?
今後、書店はどうなっていくのかなぁ...と。実店舗は余程の工夫をやらない限り、経営が傾き、引き続き減っていくだろうな。ちなみに、楽譜の例で言うと海外では書店が買い取ってくれたりする。
消費者には短期的にはいいが、長期的にいい本がでずらくなりそ▶︎ 年内に試行、値下げ販売も検討毎日新聞
(出版社が)関連会社つくって、残った本をタダ同然で買い取れっていう脅迫になることに2000円
よーし!これはうれしい!
再販制度撤廃かなぁ
……風習を破るのはいいけど、書店や取次、出版社的にはどうなんだろ?
物流コストも上昇してるし、漫画まで値下げや抱き合わせ販売させられたら詰みのような。
ある意味、健全な話なのかなと思う。
中古書じゃないと価格が下げられないという現状から、新書であってもニーズに合わせて価格が変えられる方向に。
だから、国内のECサイトがなぜクリア出来ないんだ?海外の流通に負けたら、本は安く買えても税収はみんな国外流出するんでは?
返品フリー→❌
はめはめフリー→⭕️
ふお。とうとう来たか。

色々書きたいこともあるが、新刊書店員→個人で古本屋→ネット通販業と辿ってきたオレからすると、悲観的な部分より出版業界が逆に盛り上がるんじゃないかと思うんだよね。
まず、再販制と委託制を混同してる人が多く見受けられるので、そこは区別しようってところからかな。
売れないと判断したら、最初から仕入れないもあり得る?
返品できないと、売れ筋の本しか入荷できないから大型書店に勝てない
→amazonという巨大市場に勝てる本屋など存在しない
→本屋死滅
:『...買い切る書籍について出版社と協議して決定...売れ残った場合は出版社と協議して値下げ販売...「出版社と書店との力関係が大きく変わるのではないか...」』
@suguryun これについて講和してみては?
「一定期間は出版社が設定した価格で販売するが、売れ残った場合は出版社と協議して値下げ販売などを検討」。返品率は下がるだろうが。
いよいよ出版業界が変わりそう。
“出版業界に詳しいフリーライターの永江朗さんは「出版社と書店との力関係が大きく変わるのではないか。電子書籍同様、本の値引きが進む可能性もある」と話している。”
出版の世界がまた変わるかもしれない。取次の見直しが必要なタイミングに来ているってことなんだろう。
要するに巨大な新古書店になるってことか…。これは街の書店はキツそう。 / - 毎日新聞”
全書店がこの体制になったら小さい出版社は潰れるだろうしニッチな本はそもそも出版されなくなるのでは。返品できる委託制度だからこそ、マイナーな本でも全国の書店に書籍を置く機会に恵まれて、そこからヒットが生まれたりする。そういうのが本の面白さだと思っていたけど…
ついに来たか。本も定価の無い世界に突入か?
まー俺は電子書籍の価格設定を紙本流通前提の定価に合わせてるの全く納得いってないんで、そっち適正化してほしいっていうかまず電子書籍で出して欲しいわ。
かなり興味深い展開である。
取次(と書店)はたまったもんじゃないだろうけれど、まだまだやりようはあるだろうし、全て含めて出版業界これからめちゃくちゃ面白くなっていくだろうな。
再販制によって出版文化が守られているというのは逆で、町の本屋さんの方がスペースの都合で売れる本しか置いてないわけで、Amazonだとロングテールで在庫を抱えられる。
アマゾンが書籍買い切り方式か!強え!
功罪について考える。書籍の販売価格は、作者の印税に影響を与えるので、バーゲンセールへの不安はあるだろう。しかしイベント入場料をAIが変動させるシステムを『知的コンテンツ』に導入すると考えたら?
これはインパクトでかいなあ......
これは業界的には激震では。大量に返品されてる現実があるからなあ。
黒船によって日本の既得権益にメスが入りますな。エンドユーザーにとってはメリットあるしょ。
電子書籍とは別の世界軸のお話。

「書店は返品できる代わりに、出版社や取次店側からの条件を受け入れてきたが、高い返品率が問題となっていた」
取次分はアマゾンが取るのかな。出版社はリスクが減る。
値下げなどの機会を考えると、著者にもメリットあるかな。

アマゾンが街の本屋を駆逐するために値下げ販売するんかな?すでに瀕死の本屋さんにとっては最後の一撃になるな
わわわわ。。
 年内に試行、値下げ販売も検討(毎日新聞)
再販売価格維持制度は、経済学では二重の限界化の問題なども考えられるのかもしれないですね。 /
こういう改革はいつも黒船やね>
独禁法の改正間近?
本屋さん大丈夫か
本は情報価値としてはコスパ良いと思うから、値下げに期待というより取次というシステムが変わることが大きい。
このニュースを受け、ネガティブな反応をいくつか見たのだけど、商取引において、書籍だけが聖域であると言う風潮を感じる時があるけど、なぜ?
トヨタ生産方式で言うところの「作り過ぎのムダ」は最も悪い「ムダ」
あまりにも読まれない本が作られすぎてるってことだよね。
在庫が捌ければ保管や返品に係る物流コストも減る。
これまでの出版業界。
書店が、消費者と本が出会う場所を提供する委託販売だった。
それをAmazonが価格設定できるようになると、これまで出版社が決めていた定価を「需給」が決めることになるのか。
フリマアプリ等の、個人が値段設定して販売できる環境もそれを後押しする?
再販制度下で量の多さが質の裾野になっていると思われている節、自転車操業的紙媒体の世界、例えば実質再販商品だったCDはサブスクでもう実質終わっているし。。。
出版文化崩壊の序曲か。大型スーパーによって個人商店がどんどん潰れていくのと似た構図。本はなるべく書店で買おう。出版を絶滅危惧種にしてはいけない。
書店もだけど、日販・トーハンに影響大になるのかな。
>買い切る書籍について出版社と協議して決定。一定期間は出版社が設定した価格で販売するが、売れ残った場合は出版社と協議して値下げ販売などを検討するという。
>「出版社と書店との力関係が大きく変わるのではないか。電子書籍同様、本の値引きが進む可能性もある」
「同社によると、買い切る書籍について出版社と協議して決定。一定期間は出版社が設定した価格で販売するが、売れ残った場合は出版社と協議して値下げ販売などを検討するという」・・・街の本屋さん大打撃。> 年内に試行(毎日新聞)
これは色々考えさせられるなあ
良いことなのかどうなのかまだわからんな(゚ω゚)
書籍の買切り方式によって、書店側が在庫リスクを追う代わりに、値下げなど多様な販売ができるようになる

というお話かな。
いやーこれどうなるんかね 注視
町の本屋さんに大打撃なのはわかるし目当ての本なしに本屋さんをうろつく時間がなくなると精神的に大ダメージなのですが、
己を顧みれば漫画と小説はKindle先生に身も心も捧げ、仕事に使う教科書もほとんどAmazonで買ってる完全な裏切り者なので何も言えない
商売としてごく当たり前のことだと思うし、消費者にとってはメリットしかない。
そもそも適切なバイイングをせず、適当に仕入れて、売れ残ったら自由に返品てのがおかしいわけで。
古い仕組みに穴をあけて、新しい風が吹けば良いかも。
アマゾン貪欲にいくね。しかし、本屋は立読みのメリットが大きい
これ大事件じゃない?
書店古書店、軒並み終了?
書籍の返品率は下がると思うけど、在庫も減るよね? ユーザーから見たとき、これはアマゾンの魅力減のような。
業界が変わる。ボドゲも出版物だから未来はどうなるか。
買切りにして値下げ販売なんかされたら、と思ったけど書籍だけなのかな。
文庫、コミックまで値下げ販売しないならまだ書店は生き残れるのかな
ただでさえ閉店閉店やけど。
返送が無くなるってと恐ろしいな。結構すぐに破綻しそう。値下げ言うても原価考えたら知れてるし。
新自由主義キター!活字のカカクハカイ来るー!
うわー、これ、どっちに転ぶかなぁ。
いい方向に転んでくれることを祈るばかりです。
出版社にとっては良い事に聞こえるかもしれないけど、アマゾンの狙いは書籍価格の自由化でしょ?再販価格もどうなるのか分からないし、学術書や専門書は価値がどんどん上がっていくかも。 「 年内に試行、値下げ販売も検討」
先程書店がうんたらとか言ってたらこれですわ
UX強化が急務てことですわ

>>
「一定期間は出版社が設定した価格で販売するが、売れ残った場合は出版社と協議して値下げ販売などを検討」
オワタ…くそ密林ちね。
本の値下げ、待ってました。
本の業界の流れが変わるね。
こういう記事はヤフコメの質が高いな
これは業界に激震ですね!
取次店方式はそろそろ遺物にすべきころ🤔

外圧で再販制度を崩してもらって、書籍にもダイナミックプライシングの波がきてほしいな。

返本ってどう考えてもヘルシーじゃないですよね💧
うわ、ぶっ壊しにきたか…
最高。
出版社も返本受けずに済んで楽なのでは。
またぞろ色々言う人間が出るのだろうけど、無料でレンタル出しまくった挙句に著者還元ゼロの図書館よりか、余程書籍文化維持に貢献している。著者に金が入らなければ、本は消えていくしかないのだから。
売れない本は、(Amazonが)買わないだろうし、出版の多様性が失われそう。
ん?もしかして、そういう本はKDPに移行させようという孔明の罠か?
どうなっていくんだろう😨
“値下げ”はちゃんとした決まりを作らないと地獄の門を開ける気もするけど…。
「同社によると、買い切る書籍について出版社と協議して決定。一定期間は出版社が設定した価格で販売するが、売れ残った場合は出版社と協議して値下げ販売などを検討するという。」とな。


うーん。複雑。リアル書店が生き残ってくれないと困るんだが……。
小売側が自由に価格を決められるようになるのが大きい /
アマゾンも「売れる本」を優先的に扱うってことか。
書店が一気に衰退することになる。取次卸業者もふくめて。出版社は発行部数を抑えるから印刷/製本会社も苦しくなるだろう。

古くなった本が値下がったら、古本屋もダメージ受けそう
まぁ本屋行かず、電子書籍で買う事増えたけども
これはくそ分かる。一定以上売る自信があれば流通要らない。
アマゾンの件、記事を読むと一律ではなく直仕入れの一部を版元と協議の上で時限再販に指定して、売れ残ったらバーゲンブック化したいということだよね。
返品の輸送コストよりも自社内で売り切るか処分する方がマシということなのかな。
『 年内に試行、値下げ販売も検討』 電子に全面的に移行しちゃえば関係ないのに
書店が潰れる…💦本は実際に手にとって選びたい派なのに…!

 年内に試行、値下げ販売も検討(毎日新聞)
Amazonよりも他の企業がもっと早くできたのでは? 外圧に弱すぎん?日本
まあ、当然の進行でしょう。
ヤリやがったな、尼損。
電子書籍はセールとかがもう普通にあるから、既存の概念のママでは本はもう厳しいのだろうなぁ…。
あら〜…😲
買い切りにするってことは、版元と著者の取り分は確保されたままって事なのかしら?
となると、ダメージ受けるのは取次と書店だけど…。
やべーぞ!やべーぞ!と言いながら楽しんでる(^_^)そろそろ再販制度や取次など既存の出版システム自体が時代錯誤でもう限界なのかもですね。こんなときこそチャンス到来なわけなので深く潜ります。
これはスゲェな
Amazonが値下げまで始めたら、マジで町の本屋とか一掃されそう
20歳までは本屋の息子だったんだけど、ついに出版社ごとピンチを迎えそうな流れだな(´・ω・`)
衝撃的。かなり影響が大きいのでは。
これ将来的に「アマゾンに認めてもらえない本は出版できない」みたいなことになったりしないのかなあ。(買い切りしてもらえない本は最初から出版されない、ような)
これが定着したら、本の売り方がかなり変わりそう……。
再販制度が無いと世に出ない本が増える…思ったけどもそもそも電子書籍で良くね?とも思った。
僕は新古書店も経営していますが、そちらは大騒ぎです。壊滅的な打撃を受ける会社もあるはず。
これからの世の中は、突然終局を迎える業界がもっと出てくる。複数のスキルや業界経験が必要ですよね。
腕力がヤバい。
それは全宇宙を支配する『Amazon』の地球侵略の第一歩であった。その頃まだ日本の人々は平和の中にいた。恐るべき魔の手が刻々と忍び寄る気配さえ知らずにいたのである…
ヤフコメの訳知り顔がすごい。出版ってほんとみんなの興味をそそるトピックなんだなー
街の本屋さんやばいよね
自分ちの周りの本屋もどんどん潰れていってる
出版社的にはすぐにお金になるなら悪く無いと思うが、問題は卸価格だね…
>本の流通は再販制度の下、出版社が価格を決め取次店に卸し、取次店が書店に卸す方式が一般的。書店は返品できる代わりに出版社や取次店からの条件を受け入れてきたが、高い返品率が問題となっていた。今回同社の買切方式導入は、出版業界に大きな影響を与える可能性がある。
日本の出版社も、書籍の販売の仕方を見直した方が良いのではないのか?
書店業離れてだいぶ経つので、ん?ん?て思考がまとまらなかった。
ヤバくないかこれ?
出版社がどんどこ潰れていくことになるような…
あれ?本屋さんもか?
うなぎ氏、これが作家にとっていいことなのか悪いことなのかいまいちわからない('ω')
これはいろいろなほうめんでぶつぎをかもしだしそうだ(ひらがな)
出版社はどうなるか
凄さある。|
作家さんたちの利益が落ちないような制度になると良いですね。
一言でどうこうは言えない問題なんでとりあえずあとで。
始まってしまいましたなぁ
再販精度との兼ね合いはどうするの?
via
今朝のこのニュースって、時限再販のことなのかなぁ?
でもそれだと、何年か前にもニュースになっててとっくにやってたはずなんだけどな? まだ不明で詳報待ちか
ところで、ヤフーのコメント欄って、
かならずしも悪いことばかりではなくて、
こういうニュースの時は、結構タメになりますね😶 結構勉強になります🤔
ついに来るとこまで来たか。取次はあと数年で消えるんだろうな。 / - 毎日新聞”
まぁ、アマゾンも出版社も本ではなくデータ売りたいんでおじゃるよね。。( ´ω`)本を売るのは無駄でおじゃるからね。。電子データで充分なのにわざわざ売ってるからね。。
これはあかん流れや…
版元はアマゾンから買い叩かれるだろうから、作家の印税率は下げられるだろうし、雑誌やムックならライターの原稿料も激烈ダウン
原稿料なんてこの数十年、そもそも見合った額じゃないのに。
値下げ率にもよるけどほとんどの本は定価で売れなくなり書店は潰れ作家の印税はさらに下がるのでは……定価千円の本が少し待ったら百円で買えるなら大半の人はそれを待つよね
これは面白い刺激になるかもしれんね
は?これいくらなんでもアカンやろ…
始まったな。。。 " - 毎日jp-ニュース速報(総合)
これは独占禁止法違反に繫がりかねないのでは?
早く買うほど、値段が高くなる可能性が高くなるし、そうなると安くなるまで待つ人が増える
今でも電子書籍で安く買えたりするので時代なんですかね
イイね。
仕事終わって観たニュースが、好きだった役者の逮捕とコレ。
疲労度が倍。
買い切り。値下げ。が主流になるとリアル書店は厳しいよなぁ。
特に個人経営店。
また書店が淘汰されるんやろうなぁ(涙
他人事じゃない…:(;゙゚'ω゚'):
知り合いのライターさんが絶望してた。
このまま行くと本の価格がすごく上がり、3000円とかになる、と。
こうなるとは聞いてたけど、厳しいな・・・。
もっと見る (残り約522件)

記事本文: アマゾン書籍買い切り方式へ 年内に試行、値下げ販売も検討 - 毎日新聞

関連記事