千葉台風関連の記事一覧

TOP > 社会 > 在日米軍再編:辺野古移設 反対派個人情報、削除か 文書開示請求後、防衛局・警備会社 - 毎日新聞

在日米軍再編:辺野古移設 反対派個人情報、削除か 文書開示請求後、防衛局・警備会社 - 毎日新聞

11コメント 登録日時:2019-01-29 05:47 | 毎日新聞キャッシュ

 防衛省沖縄防衛局が発注した沖縄県名護市辺野古沖の海上警備を巡り、業務を委託された警備会社が、米軍普天間飛行場の辺野古移設反対派のリストを作っていた問題で、反対派の男性が2016年5月、リストの内容などを確認するため防衛局に情報開示請求後、防衛局の保有文書から個人情報がなくなるよう、文書が書き換えら...

Twitterのコメント(11)

です。
防衛局の保有文書から個人情報がなくなるよう、文書が書き換えられた疑いがあることが判明した。毎日新聞が入手した社内文書に、反対派の個人情報が「一切なくなるよう調整をした」と記載。警備会社の幹部も、防衛局から「出し直してと言われた」と証言
毎日の続報。情報公開請求を無効化するために、抗議船の船長の名前などが入った報告書を、警備業者が防衛局に依頼されて出し直した、と。
「反対派の男性が…リストの内容などを確認するため防衛局に情報開示請求後、防衛局の保有文書から個人情報がなくなるよう、文書が書き換えられた疑いがあることが判明した」
続報もとてつもないスクープ
「辺野古移設反対派のリストの内容を確認するため防衛局に情報開示請求後、防衛局の保有文書から個人情報がなくなるよう、文書が書き換えられた疑いがあることが判明。毎日新聞が入手した社内文書に個人情報が「一切なくなるよう調整をした」」
*【疑獄事件】「辺野古反対派の情報を警備会社から提供された防衛省が開示請求後に証拠隠滅」

… 1月29日付の毎日新聞より。
安倍インチキ政権下、政府・行政側は公文書の偽造が日常茶飯となってきた。庶民であれば即逮捕・重い実刑だが、安倍一味・政府・行政はどんな重い犯罪もお咎めなし / 辺野古移設
またか、、
"毎日新聞が入手した社内文書に、反対派の個人情報が「一切なくなるよう調整をした」と記載。警備会社の幹部も、防衛局から「出し直してと言われた」と証言した" / “ 文書開示請求後、防…”
さらにひどい話…
公文書は私たちの財産であって、行政が自分たちの判断の過ちを隠蔽する目的で、勝手に処分していいものではないはず…
改竄は官僚にとって普通の対応になっている。
警備会社が辺野古移設反対派のリストを作っていた問題の続報です。反対派の男性が2016年5月、リストの内容などを確認するため防衛局に情報開示請求をしました。この後、防衛局の保有文書から個人情報がなくなるよう、文書が書き換えられた疑いがあることが判明しました。
以上

記事本文: 在日米軍再編:辺野古移設 反対派個人情報、削除か 文書開示請求後、防衛局・警備会社 - 毎日新聞

関連記事