TOP > 社会 > 日立が英原発凍結を決定 日本の原発輸出案件、事実上ゼロに - 毎日新聞

日立が英原発凍結を決定 日本の原発輸出案件、事実上ゼロに - 毎日新聞

11コメント 2019-01-17 21:55  毎日新聞

 日立製作所は17日、取締役会を開き、英国中部で計画する原子力発電所の新設事業の凍結を正式に決定した。日本国内の民間企業の出資協力や、英政府の追加支援が得られず、現状では事業継続は困難と判断した。20...

ツイッターのコメント(11)

これを機に、
「廃炉ビジネス」に方向転換した方が、理にかなっていると思うのだが。
“国策”という呪縛から逃れられないのか?
原発輸出戦略全滅!トップセールスをやってきた安倍首相の責任は重大だ!国内での原発再稼働などゴンゴトーダンだ。
海外での原発計画を巡っては、東芝が米原発子会社ウェスチングハウスの工事費用増加に伴い、17年3月期連結決算で1兆円超の損失を出している。トルコの原発計画も三菱重工業が撤退する方針で・・・
経済性だけ考えても、自然の流れだよね😉
おはようございます。「安倍政治の愚かさを露呈!」いい加減な犯罪思想は排除必要!!
悪魔の技術輸出してどうする💢
日立製作所は㏰、英国中部で計画する原発の新設事業の凍結を正式決定。日本国内の民間企業の出資協力や、英政府の追加支援が得られず、現状では事業継続は困難と判断。19年㋂期連結決算で約3000億円の損失計上へ
→これがトップセールスの成果であります
“日立は東京電力ホールディングスなどに出資を打診したが”

東電HDの会長は日立出身で元経団連副会長
日本企業による海外での原発計画を巡っては、東芝が米原発子会社ウェスチングハウスの工事費用増加に伴い、17年3月期連結決算で1兆円超の損失を出している。トルコの原発計画も三菱重工業が撤退する方針で、日立の事業凍結によって日本の原発輸出案件は事実上ゼロになった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR