TOP > 社会 > 哲学者の梅原猛さんが死去 93歳 文化勲章受章 - 毎日新聞

哲学者の梅原猛さんが死去 93歳 文化勲章受章 - 毎日新聞

54コメント 2019-01-14 02:01  毎日新聞

 日本古代史への大胆な仮説や「森の文化」の復権を唱え、日本文化や現代文明の在り方を問い続けてきた哲学者で文化勲章受章者、国際日本文化研究センター顧問の梅原猛(うめはら・たけし)さんが12日亡くなった。...

ツイッターのコメント(54)

このところについても、もっと知りたい

はて、どの本を読めば詳しく書いてあるかしら…

"日本文化の基層に縄文文化があると考え、アイヌや沖縄に縄文文化の原形を探った。 "
素敵な笑顔のお写真。学生時縁あってお話ししたことがあります。丁寧な敬語で質問されるし、名もない青二才の言葉を深く頷きながら耳を傾ける様に感銘を受けました。その後ご著書幾冊も拝読したけれど、再会果たせず。ご冥福お祈りします。
梅原猛さん1/12にご逝去されてたんですね。ご冥福をお祈りします。
「梅原日本学」が学問じゃないのは学生でも知ってたけれど、哲学者としては敬意を表します。
「隠された十字架」なんて推理小説として楽しく読みました。
コピペのインチキ日本史とは最も対極にいる人だ。あんなものを見てから逝きたくはなかっただろうと思う。ご冥福を。
師匠の木村彰吾の葬儀に来られていた姿をお見かけしたことがある。
私自身は、木村彰吾からの影響の方が比べものにならぬほど大きい。
梅原猛さん亡くなったのか
梅原訳古事記は何度となく読んだなあ
ご冥福をお祈りします
あら。お疲れ様でした。男性の90代は貴重。大往生ですね。
中二病全開の頃 ハマって何度も読み返しました
生と死についていろいろ考えるきっかけをくれた方
ご冥福をお祈りします
憲法9条を擁護する「九条の会」呼びかけ人の一人でもあった。
一時期、著書を貪るように読んでいました。日本の歴史観に独特の見解があって、共感する部分がありましたが、そうでない部分も含めて影響を受けた人物でした。ご冥福をお祈りします。合掌

梅原先生まで亡くなってしまったか・・・|||
哲学者の梅原猛さんが死去
まじかあ。もうかなりの高齢だったけど、また読んでみます。

梅原猛さん死去
心より哀悼の意を表します。

この方が古代史に与えた影響は大きく、この方を契機に古代史に関心を持たれた人も多いかと存じます。

ただ『隠された十字架』等の梅原氏の諸説は、思い込みや根拠のない推論、勘違い等をもとに立てられており、学術的な価値はなかった事です。
梅原猛さんが死去
歴史をテーマにした著作はもはや伝奇小説であった。
初期の著作『哲学する心』を読むと、徴兵された経験を踏まえ、昭和天皇への反発、高坂正顕や高山岩男など戦前戦中の京都学派への複雑な思いが表れている。丸山真男に噛みついてたり。
面白い人物だった。
現代文と言えば梅原センセーの文。むずかしーーと最初は思っていたけどスコーンと入ってきたり感動したり。ありがとうございました。
:講演での独特な語り口が印象的だった。
中上健次との対談は面白かった。
君は縄文人か弥生人か、みたいな。
『隠された十字架』は未だに読了していない。
梅原猛(うめはら・たけし)さんが12日、肺炎のため京都市の自宅で亡くなった。93歳。1925年3月20日生まれ
また一人、日本の誇る良識の知識人が亡くなってしまった。ご冥福をお祈りします。

九条の会呼びかけ人の一人でもあった。
もっと語って欲しかった、今だからこそ
初期著作『哲学する心』を読むと、徴兵された経験を踏まえ、昭和天皇への反発、高坂正顕や高山岩男など戦前戦中の京都学派への複雑な思い等が表れているのがわかる。
毎日新聞|

「国際日本文化研究センター顧問の梅原猛さんが12日、肺炎のため京都市の自宅で亡くなった。93歳。葬儀は近親者のみで15日に営む。後日、お別れの会を開く予定。」
哲学者・梅原猛は
私が立命館大学文学部に入学した時の学部長だ。
たしか最初に聖徳太子自殺説を唱えた人だ。
森の大切さを訴え現代文明の在り方に警告を発した。
憲法9条を擁護する「九条の会」呼びかけ人の一人でもあった。

哲学者の梅原猛さんが死去93歳
哲学者の さんが93歳で亡くなりました。権力者に厳しい人で、「美しい国」のスローガンに対して「確かに日本は美しい。しかし美しい日本人とは? 東条英機ですか? そうではない。菅原道真であり、千利休だ。彼らはみな権力に抹殺された」と語っています。
“日本古代史への大胆な仮説や「森の文化」の復権を唱え、日本文化や現代文明の在り方を問い続けてきた哲学者で文化勲章受章者の梅原猛さんが12日、肺炎のため京都市の自宅で亡くなった。93歳。” / “ …”
梅原先生の「日本学」は史学の主流から見れば異端だったのでしょうけど、迫力と説得力があって感じる点が多々あり想像力を刺激されました。ご冥福をお祈ります。
『神々の流竄』『隠された十字架-法隆寺論』『水底の歌 柿本人麿論』『黄泉の王 私見・高松塚』といった著作を貪るように読んだときのことを思い出す。ミステリ的には井沢元彦『猿丸幻視行』から京極夏彦の「百鬼夜行シリーズ」に連なる系譜の基となったと思う。合掌。
梅原先生も😭
むーファンだったのだ。苦しい時期に著作にたくさん助けていただきました。 -
これから日本でこういう人文系の大物は生まれて来ないのだろうな。大学改革で畑に塩を撒きまくったから。:
立命館大学教授でもありました。
『隠された十字架』は私が史学を志すきっかけとなった書です。偉大なる哲学者であり、日本学の巨匠でおられます。これまでお疲れ様でした。有難うございました。
唯々、御冥福をお祈り申し上げます。
この人こそ日本を追い求めていた人。高校生のころ、図書館で本を借りてよく読んでいました。梅原猛さん、空の向こうから日本をお守りください。
残念です。ご冥福をお祈り致します。
「法然の哀しみ」とか、読んでいてグイグイと引き付けられる本が多かったです。ご冥福をお祈りします。
いい写真。ご冥福をお祈りします。
亡くなられたのか。ご冥福をお祈りいたします。>
毎日は笑いの研究に触れている

【立命館大講師時代から「笑い」に関心を持ち、大衆芸能や近代日本文学作品を通じた笑いの分析などユニークな研究を進めた】
「日本文化の基層に縄文文化があると考え、アイヌや沖縄に縄文文化の原形を探った。」
梅原猛逝去。
昭和が
駆け足で
遠ざかる
科学・技術の進歩には哲学は欠かせない。なぜなら科学・技術だけでは時に暴走することがあるからだ。暴走を止め、或いは制御するのは哲学だ。正しい方向へ導くのも哲学だ。心をわすれた 科学には しあわせ 求める夢がない。...
隠された十字架を読んで感銘を受けた。
地元の長寿FMラジオ番組を聴きつつ成人式の話題と 先生の訃報に接する 寂しくなった
ああ、、、
梅原さんの「隠された十字架」や「水底の歌」は学生時代ワクワクしながら読みました。日本の歴史に興味を持てたのは梅原さんのおかげ。ご冥福をお祈りいたします。
合掌 (涙)
冷戦期には反共の論調の評論が多かったが、冷戦後は護憲派の論調を前面化させた。その意味でも、いわゆる日本の戦後レジュームを代表する知識人だったといえる。30年間同じ京都市左京区にいたのに、結局一度も直接お目にかからなかったのが悔やまれる。
戦後日本を代表する哲学者、 さんが亡くなりました。93歳でした。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR