TOP > 社会 > 毎日新聞 > 露外務省、第二次...

露外務省、第二次大戦の結果受け入れを要求 - 毎日新聞

12コメント 登録日時:2019-01-12 01:55 | 毎日新聞キャッシュ

 【モスクワ大前仁】ロシア外務省は11日声明を出し、日本と平和条約を締結するのに先立ち、第二次大戦の結果として北方領土がロシア領になったという認識について、日本が受け入れるよう改めて要求した。両国は14日にモスクワで外相会談を開く。この点を要求してくるロシアの立場を浮き彫りにした。...

Twitterのコメント(12)

河野外相はまもなくモスクワ入り
外相会談を控え、ロシアは積極攻勢。日本はだんまり
露外務省が11日だした声明
「平和条約問題の解決策を見つけるための重要な条件は、東京が第二次大戦の結果を全面的に認めることだ。クリル諸島に関する我が国の主権も含まれる」 - 毎日新聞
脱、ポツダム宣言!これが私、ドリスの求める外交政策だ!
・日露首脳会談。19年1月21日予定。14日外相会談。ロシアは11日の声明で第二次世界大戦の結果には千島列島と北方領土の主権も含まれるとする。
「日ソ相互不可侵条約」は破棄予約してから、約1年四か月後に実施されることになっているなど、 当時から 細かい規定がはりめぐらされている。ソ連が第二次大戦中に 日本と戦争を目論むのは事実上 不可能であり、戦争の結果による領土の移動もおこり得ない。北方領土は登記済
受け入れているんだがなぁ…
第二次世界大戦の結果、日ソ共同宣言で形式上講和した
そこで平和条約締結後に歯舞・色丹を返還し、国後・択捉は継続協議するとなったんでしょ
コジキチョンといい、ロスケといい、盗人猛々しいとはこれを言う。w
日本人の認識の問題でしょう。終戦日は9月2日.日本人は8月15日と思っている違い。
こっちも解決しそうにない。
真面目に訊きたいんだけど、日露が最初に画定した国境は考慮の余地もないのか。WWⅡでソ連は1941年のドイツ軍と同じような行為をしているが恥ずるところはないのか。(続く
条約を無視して侵攻して領土を奪取したという結果は受け入れてるよ
ロシアと話をするには彼等の軍事力を無力化する手段を得てからだなw
彼等はヤルタ密約により日ソ不可侵条約を一方的に破棄して我々の領土を不当に占領した事実を当然の権利と主張している。歩み寄り無しのチカラの論理で来るなら話し合いは決裂だろうw
もろもろ大ピンチなようですが、


ロシアは条約締結に先立ち、歴史認識や安全保障に関する問題を取り上げており、交渉の難航が予想され
以上

記事本文: 露外務省、第二次大戦の結果受け入れを要求 - 毎日新聞

関連記事