TOP > ニュース総合 > 毎日新聞 > 日清食品、駅伝撤...

日清食品、駅伝撤退 活動縮小、今後は「個人での世界」目指す - 毎日新聞

22コメント 登録日時:2019-01-11 12:52 | 毎日新聞キャッシュ

 全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で優勝2回の実績を持つ日清食品グループが11日、今年元日のニューイヤー駅伝を最後に駅伝から撤退すると発表した。成績低迷が原因で、部員を現在の14人から大幅に減らし、今後は個人での世界大会出場を目指す。...

Twitterのコメント(22)

海外では陸上関係者の方が、耐久レースである長距離走で、リレーをやるなんてナンセンスという考えが強いらしいから
昨今は旭化成が復活! 日清食品の復活も期待してたのに、、、
いかになんでも拙速!?「採用内定」あるに。どうも、国内各スポーツ実業団リーグへの参加企業が、経過措置、前触れも無く急に「廃部」も多々あるが、企業の社会責任の在り方に関わると思うが。
今春の入部が内定していた2選手についても他の受け入れ先を探すという。
気の毒すぎる...
選手のせいにはして欲しく無いな。
マジか…残るのは2人、入部内定者も他へって、凄い切り方…
宣伝目的の活動にも限界があるやろ。 今活躍している選手に宣伝してもらうほうが手っ取り早い…
日清食品の関係者は残念失望だと思うが、他の実業団はプラスだろうなぁ。ニューイヤーの1枠が浮くし、日清から選手を獲得出来るから。でも某選手は引退を考えているらしい。まだまだやってほしい。
錦織圭と大坂なおみさえいてくれればいい…が本音かな
この撤退の仕方はDeNAとは違うな。翌年か翌々年には廃部か?
タイガースもこれくらいシビアに
結果を求める体質が必要かなw
上位になれなければテレビに映らないので宣伝効果が無い。アマチュアスポーツも厳しい世界。
---
活動縮小、今後は「個人での世界」目指す(毎日新聞)

『9月に行われる東京五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を持つ佐藤悠基と村沢明伸は同社で活動を続け、他の12人は他チームへの移籍などを検討している。』
テニスにお金をかけ過ぎているのでは?
感動ポルノからの脱却。競技としてもガラパゴスだしな。古より「日本のマラソン選手は30K地点まで」と言われた所以。成績不振で縮小って理由はちょっとアレだが方向性としては間違ってないと思うな('A`)
新卒の内定取消しまであると急遽決まった事でしょう。
名門なだけに衝撃的な情報です。
16位で撤退なら・・・36位と37位は、どうしたらいいのかい?
村澤くん😭これからも応援するけど、駅伝でも見たいよ〜😭😭😭

- 毎日新聞
社会人の駅伝が箱根駅伝スターのその後や余韻なだけで世界と繋がらないんだろうな。
駅伝ができるほどの部員を支えるのは企業にとっても負担なんだろうけど、残念なニュースだ。
残念です。成績低迷が原因で、部員を現在の14人から大幅に減らし、今後は個人での世界大会出場を目指すといいます。 / (1 user)
以上

記事本文: 日清食品、駅伝撤退 活動縮小、今後は「個人での世界」目指す - 毎日新聞

関連記事