TOP > 社会 > 毎日新聞 > 生活保護受給者の...

生活保護受給者の精神疾患入院に地域差 最大で倍 医療経済研究機構など調査 - 毎日新聞

13コメント 登録日時:2019-01-07 12:41 | 毎日新聞キャッシュ

 精神疾患で入院する生活保護受給者数には都道府県で最大7倍の差があるとする調査結果を、医療経済研究機構などのチームがまとめた。人口当たりの受給者や精神疾患の病床の数が多いほど入院患者が多い傾向があり、専門家は自治体が退院と自立生活を支援する必要性を訴える。...

Twitterのコメント(13)

自立支援が完全自立につながるかのような理解は避けてほしい。フルタイム労働が想定できないことが多々あることを踏まえた自立サポート⇒
生活保護受給者の精神科入院に格差
“調査した東京都医学総合研究所の奥村泰之主席研究員(臨床疫学)”この調査どこで公開されてるんだろ / “ - 毎日新聞”
「精神疾患で入院する生活保護受給者数には都道府県で最大7倍の差があるとする調査結果を、医療経済研究機構などのチームがまとめた。人口当たりの受給者や精神疾患の病床の数が多いほど入院患者が多い傾向があり、専門家は自治体が退院と自立生活を支援する必要性を訴える」
> >精神疾患で入院する生活保護受給者数には都道府県で最大7倍の差。扶助額は年間約1兆8000億円。このうち15%が精神疾患による入院の費用。
昔の同僚の調査>
32パーセントはこれまでの実感より多く思える。医療福祉の整っている長野県はさすが。これは生活保護だけでなく障害者年金受給者の割合も合わせて考えるべきかと。
「法の下での平等」に反する恐れも⁉️
生活保護受給者の精神疾患入院に地域差(1コメント) :   精神疾患で入院する生活保護受給者数には都道府県で最大7倍の差があるとする調査結果を、医療経済研究機構などのチームがまとめた。人口当たりの受給者や精神疾患の病床の数が多い…
同じ日本国内で、同じ制度下で、なぜ地域差が7倍にもなるのか?。医療の提供は不完全な自由市場に委ねられていて、さらに病床数があれですからね。ちなみ...
人口当たりでは10万人につき36.6人の受給者が精神疾患で入院。
最多の長崎県(83.3人)と最少の長野県(12人)では約7倍の差に。専門家は自治体が退院と自立生活を支援する必要性を訴えています。

 医療経済研究機構など調査-毎日新聞
それで35万人という世界一高かった全体の病床数は改善されたわけ(病院施設内の施設の数字はごまかしても病床数と同じですよ)?肝心なところが相変わらず抜け落ちて隠蔽してるわ。
精神疾患で入院する生活保護受給者数には都道府県で最大7倍の差があるとする調査結果が出ました。
以上

記事本文: 生活保護受給者の精神疾患入院に地域差 最大で倍 医療経済研究機構など調査 - 毎日新聞

関連記事