TOP > 社会 > 小泉進次郎氏、改めて国会改革の必要性訴え - 毎日新聞

小泉進次郎氏、改めて国会改革の必要性訴え - 毎日新聞

11コメント 登録日時:2018-12-11 00:22 | 毎日新聞キャッシュ

 自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は10日、東京都内で講演し、成立が8日午前4時過ぎにずれ込んだ改正入管法を挙げて「その日まで日程が分からない国会を続けている。こんな議会は地方でもない。『まずは国会の働き方改革をしっかりやれ』という声をぶつけてほしい」と述べ、国会改革の必要性を改めて訴えた。...

Twitterのコメント(11)

稀代の悪法の強行採決に手を貸して何が国会改革だ。まず売国自民党を改革してから言え。
貴殿を含め、自民公明維新の皆さまが議員をやめていただく事が改革の近道です。

小泉進次郎氏、改めて国会改革の必要性訴え(毎日新聞)
国会改革が必要なのは周知の事実。演説は無用なので具体的に聞かせて頂きたい。同時にご自身の政治家としての外交防衛、経済、社会保障に対する考え方も。失礼ながら言葉だけでの政治は要りません。
国会改革より、自民党を改革しろ❗
充分な審議もせず、
データーの改ざん、隠蔽、捏造。
空っぽの法案を強行採決❗
安倍政治手法こそ止めさせろ❗
国会改革と論点を逸らすな❗
やはり、この人も自民党議員役に立たない保身議員。口ばかり。いつまでたっても、何も成果は出てこない人気倒れ。つまらん1自民党議員。
何とか原則論に引き戻そうとしているわけか。官民ファンドと同じだな。
的を得ている言葉。国会を見ていると小学生以下。
こいつは有害。真剣味がないんだよ。
働き方改革・・・ねぇ?
1人ではできないから実行させるために仲間を作れ!発言だけはもういいから実行へ移さないと信用度がゼロになる。
以上

記事本文: 小泉進次郎氏、改めて国会改革の必要性訴え - 毎日新聞

関連記事