TOP > ニュース総合 > 毎日新聞 > 革新機構、社長ら...

革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立 - 毎日新聞

10コメント 登録日時:2018-12-10 09:36 | 毎日新聞キャッシュ

 官民ファンド、産業革新投資機構の田中正明社長や坂根正弘取締役会議長(コマツ相談役)ら民間出身の取締役9人全員が辞任する意向を固めたことが9日、分かった。所管する経済産業省と田中氏が報酬水準や国による機構の投資判断への関与を巡り対立し、関係修復が不可能と判断したとみられる。田中氏が10日に記者会見す...

Twitterのコメント(10)

出来高制にしたら良かったのに。最初から高額なんて。博打じゃあるまいし。
経産省が給料に文句をつけたことが原因だという。
僕は力のあるコンサルならば数億貰っても不思議ではないと
思う。実際、それ以上のことをするのであるから。
無報酬でやってやるって人をなんで集めないの、経産省は? 金でふんぞり返ってるような人にこんな大事な任務まかせるな。
能力の高い人材が高額報酬を受け取ることは当然で、大した実績を残せていない愚かな政治家がそれを批判することは笑止千万。
世耕経産大臣のほうこそ辞任するべき、安倍政権は根本的に勘違いしている。
「やってられるかアホくさい」
てとこでしょうか。無理からぬこと。
読売新聞経済面に先週末、特集で出てたばかり。財政投融資の行方が注目される。
産業革新投資機構の社長ら9取締役が辞任へ 報酬巡り経産省と対立
どれだけ持ってても、やっぱり欲しいんだね。
"所管する経済産業省と田中氏が報酬水準や国による機構の投資判断への関与を巡り対立し、関係修復が不可能と判断したとみられる。田中氏が10日に記者会見する方針だ" /
以上

記事本文: 革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立 - 毎日新聞

関連記事