TOP > 社会 > 毎日新聞 > 寡婦控除:未婚に...

寡婦控除:未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整 - 毎日新聞

79コメント 登録日時:2018-11-21 06:35 | 毎日新聞キャッシュ

 2019年度税制改正の焦点の一つ「寡婦控除」のひとり親への適用拡大について、政府・与党は、新たに加える未婚者には所得制限を設ける方向で調整に入った。子どもの貧困対策と位置づけているためで、事実婚の世帯を適用から外すことも検討している。...

Twitterのコメント(79)

認定のハードルは高いなぁ
いまだに寡婦と家父に差があるのは誰も突っ込まないのか?
女は不利益だとギャーギャー騒ぐのにね。
↓これはいきなり憲法訴訟になる気がする。

"寡婦控除の適用拡大を巡る政府・与党の方針によると、ひとり親世帯でも過去の婚姻歴の違いで所得制限のラインが変わる"
性差で区別すること自体がおかしな話だと思うなぁ
「未婚だったら」
「男性だったら」

個人的には事実婚の方をなんとかしないといけないと思います
世帯年収という意味で
なんのためにするのかが不透明すぎるから辞めるべき。国のいいなりになってはならない。
記事内「未婚のひとり親だけ『低所得者世帯』に限るのは、現行制度とのダブルスタンダードで格差が残る」って現行の離婚男性も制限ありでしょう……
単純に戸籍上での子供ありで控除対象にすれば良いのでは?
離婚した男性は既に所得制限がある事に驚き。
「未婚のひとり親だけ『低所得者世帯』に限るのは、現行制度とのダブルスタンダードで格差が残る」
「子どもにとってひとり親になった経緯は関係ない。死別でも離婚でも未婚でも、支援が必要なことに変わりはない」一方、「自民党内には婚姻関係を重視する伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている。」
あほくさー!!
政府の考えにはついていけんわ〜
子どもの貧困助けるのは大賛成だけど手当や減税じゃなくて物資支給でやってくれませんかね。男と暮らしてて子どもネグレクトで未婚のふりして不正受給して遊び散らかしてる人、割と多いんですけど。
“伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている”。自民党憲法草案にも現れる家族観は、少子化対策の障害になっているという事実。伝統的家族観は「実害」を生んでいる。 /
いつも思うんだけど、
どうして「同じ所得を稼いでいても」男性と女性で寡婦(夫)控除額が異なるんだろ?
女性のほうが稼ぎにくいからではないですよ。「同じ金額を稼いでいる」前提で性差があるんです。
「寡婦控除の適用拡大を巡る政府・与党の方針によると、ひとり親世帯でも過去の婚姻歴の違いで所得制限のラインが変わる」←こんなバカなことがあってはならない。
「自民党内には婚姻関係を重視する伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている」←とさらにばかげた話。
「自民党内には婚姻関係を重視する伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている」。ため息。→
”自民党内には婚姻関係を重視する伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている。適用拡大に積極的な公明党は「『子どもの貧困』という観点で自民党を説得するしかない」(税調幹部)としていて” /
一律1000万円以下でいいんじゃない /
短期的には必要な施策かもしれないけど、付け焼き刃な感じ。現代の価値観やライフスタイルの変化に合わせて、結婚制度そのものを再設計しなくてはいけない時期にきてると思う。 /
おや、ひとり親も寡婦控除対象になる方向と聞いて喜んでいたけど「政府・与党は、新たに加える未婚者には所得制限を設ける方向」なんだ。離婚と未婚にはやはり差を設けるの。
「自民党内には婚姻関係を重視する伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている。」て…
「婚姻関係を重視する伝統的家族観」を温存するためなら子供が不幸になってもいいと考える人間の汚い手で政治を触ってほしくない。/
子供の権利という観点から、是非とも婚姻関係にあったか否かで区別してほしくないところです。
記事内にもある通り、一度婚姻関係にさえあれば、その後は事実婚...
そもそも男女差があるのが違憲じゃない?って思うんですけど
自民党がシングルマザーに冷淡なのは今に始まったことじゃない。党内に「未婚の母は後先考えないビッチだから助けなくていい」という価値観が巣くっているんだと思う。
控除じゃなくて、手当でいいんじゃないか。その方がフェア所得制限も500万円って、ひとり親なのでシッター頼んだり外食増えたりを考えれば、けっこう貧乏じゃないか? /
やっと日本が子供を産める社会になった
未婚の母ファンティーヌに過酷な運命を課したフランス絶対王政を、ユゴーは「レ・ミゼラブル」で突き刺したのだが、現代の日本はその方向に突き進んでいるらしい。人権を規定した憲法があるというのに。
だれか詳しく。現行だと差別にあたるのか改正後も差別要因が残るのか。
何でもかんでも を望んで、きちんと生きている者に背負わせようとするのは脱力だね。

リスクを軽視した者がそれなりに苦労を背負う方が公平でしょう。子どもの助けになっているか調査前提なら、最悪背負っても良いけどね。
結婚する、しないって個々人の理由でしょう?なぜ国に介入されて、生活費も減らされるの?差別じゃん。
所得制限をつけるなら性別、未婚、既婚の別に関わらず一律につけるべき。/例えば、一人目の配偶者の間には子ができずに離婚し、その後に婚姻せずに子をもうけた寡婦の取り扱いはどうなる? /
年収500万円じゃなくて所得500万円ですよね💰
なんだ、独身貴族がそうなのかと思ったら控除額か。控除についてはよく分かってないけどメリットはあまりない印象だわ。独身もいずれ増税とかあるかもな(笑)
未婚だろうと事実婚だろうとひとり親は一緒でいいじゃん。「婚姻関係を重視する伝統的家族観に反する」と言ってる自民党議員って誰なんです?
扶養家族のための控除と認識してたんだけど(なので母親の事情関係なくひとり親なら控除すればよろし派)、国税庁のQ&A見たら、扶養家族いなくても所得総額500万以下なら控除されるんだって…いや、むしろそこも変えてもいいんじゃない?
寡婦控除を拡充するより寡夫控除の男女間格差を無くしてほしい。あと寡婦年金もね。旦那にもしものことがあっても私は税金安くなるし年金も貰えるけど、私が死んでも税金安くなるの少しだし年金に至っては貰えない旦那。ちな夫婦の収入はほぼ同額。
➡これが「」のやり方。


寡婦控除の適用拡大を巡る政府・与党の方針によると、ひとり親世帯でも過去の婚姻歴の違いで所得制限のラインが変わる。
>政府・与党は、未婚のままひとり親となった人を対象に加える方向だ。しかし、自民党内には婚姻関係を重視する伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている。
なんで子供にひもつけないかがきになる。 /
コレはおかしいでしょう。
ますます貧困格差が生まれそうだし、多様化な現代に逆行してる。
婚姻歴で差別とか、おかしい。
ホント、おかしな処に目をつけてくるよね(´・ω・`)

未婚だろうが、死別だろうが、離婚だろうが子供を育てることの大変さは皆んな一緒!

婚姻歴を物差しにして、決めてよいことではありません。
伝統的家族観に反するって。。
> しかし、自民党内には婚姻関係を重視する伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている。
これが自民の本音なのね。
「死別でも離婚でも未婚でも、支援が必要なことに変わりはない」。道理。未婚だけ所得制限に違和感。
年収500万円以下じゃなくて合計所得500万円以下だよ…。年収と合計所得は全然違う…
「自民党内には婚姻関係を重視する伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている」という一文が……
戦争で夫を失っ...なんだこのひどい時代遅れ感というか制度をメンテナンスせず放置してました感。
未婚か離婚かで扱いが違うって初めて聞いた。男女の差も。事実婚が増えないように⁇ 確かに本当にシングルと実はパートナーいるの、区別はしづらい。
「名目上は離婚して税金減らそか」ってブラックなジョークを母が言っていたの思い出した。
この制度のことか〜
離婚した男性は所得制限…
未婚のひとり親を差別する与党の神経を疑う。とりわけ、いまだに「戸籍重視」にこだわる自民党の時代錯誤ぶりには唖然。戸籍制度を持つ国は日本、韓国、台湾の3カ国だけ(似た制度の国はあるが)。安倍首相お得意のグローバルスタンダードはどうなったのか。
「女性は「今の制度だと、婚姻届を出した次の日に離婚しても寡婦控除が受けられてしまう。子どもにとってひとり親になった経緯は関係ない。死別でも離婚でも未婚でも、支援が必要なことに変わりはない」と訴える」
「婚姻歴がないことを理由に寡婦控除を受けられないのはおかしい」。昨年11月からネット上で署名活動を始め、今年10月末に2万3000筆を超える署名を関係省庁や与党の税制調査会幹部に提出した。

寡婦控除:未婚に所得制限、事実婚は対象外
こどもは親を選べない。婚姻歴は親の問題。少子化推進策か?
反対してる議員、いくらなんでも時代錯誤すぎて議員の資格無いだろ。
全員名前出して欲しい。
「自民党内には婚姻関係を重視する伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている。」

そんな奴に投票出来ない。

年末調整のときに毎年話題にのぼるところ。改正になったらスッキリするよね。
実際のシングルマザーと離婚寡婦は天と地の差のレベルを見たことがある。彼らは不登校の不良をどうするのか。
シングルマザーって本当に多いし、未来に対して不安は凄くあるけどとにかくがむしゃらに頑張ってお仕事もして子育てもしてる…税金はそこじゃないところから…って思ってしまう…
婚姻歴での差別はかなり違和感。
改正すべきかと。
「自民党内には婚姻関係を重視する伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている」 だから、どこのどいつが不満を述べているのか、明確にしろよ。誰だかわからなきゃ、批判のしようがないだろ?
適用範囲を定めることは寡婦控除に限らず、むずかしい調整プロセスを経て決められていくことになりますよね。

>
なんでそういう方向に思考するのかな?現実から逃避してる輩は口出ししなければ良いのに (´-`).。oO
婚姻歴の有無で差別する理由が、自民党のおっさんの価値観とか、もう、そんなやつ全員名前晒せや。それくらいの戦犯だぞ。
与党調整(毎日新聞)
<寡婦控除の適用拡大を巡っては、政府・与党は、未婚のままひとり親となった人を対象に加える方向だ。しかし、自民党内には婚姻関係を重視する伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている。>
この話の中に出てきた女性。貞操観念がなかったのか…苦労するね。
「婚姻歴で差別、おかしい」
自民党も公明党もキモいわー。
家父長制度が法律に
適用されてるのは
不味いんじゃねーの?
いい加減女性差別や
(大勢の女性が支持してるのも問題)
日本人至上主義をやめないと
また国連から言われ続けるし、
世界に醜態をさらすだけだ。
そういえば性別により不公平な制度がここにもあった。
前近代的、時代錯誤。めまいがする。
このタイトルだけ見ると「事実婚」が差別をされてるように見えましたが、税制としては正式な婚姻と同等と言う事ですね…税金を取る方だけはしっかり平等?
未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整 #毎日新聞 姦通罪と尊属殺人を復活し富裕層の男性が妾を持つことを夢見る保守政治家の伝統的(笑)価値観→「自民党内には婚姻関係を重視する伝統的家族観に反するとして不満がくすぶっている」
国民を雑巾のように締め上げるコストカット政策に腐心する安倍政権。いずれツケを払う時がやってくるだろう。
現行制度すら知らんかったな

>婚姻歴のある女性のひとり親は所得制限はなく、男性は年収500万円以下が対象。離婚や死別後に事実婚をしていても適用を受けられる。 / (毎日新聞)
確かに…。婚外子を育ててる親を差別しちゃダメだよね。
以上

記事本文: 寡婦控除:未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整 - 毎日新聞

関連記事