TOP > 社会 > 防弾少年団(BTS):「原爆Tシャツ問題」の深層 - 毎日新聞

防弾少年団(BTS):「原爆Tシャツ問題」の深層 - 毎日新聞

26コメント 2018-11-09 19:05  毎日新聞

 テレビ朝日は9日放送の音楽番組「ミュージックステーション」に出演予定だった韓国の男性7人組グループ「防弾少年団(BTS)」の出演を、メンバーの一人が原爆の写真がプリントされたTシャツを着ていたことを...

ツイッターのコメント(26)

興味深い記事でした。
なんかもうarmyさんら歯がゆいだろうな。この記事全然全体像書かれてないし

右派系の著名人らがツイッターなどでこの問題を取り上げ。左派はだんまりって白状しちゃった、オッス、工作員!
「原爆~」という表記自体が、針小棒大の狂騒的フェイクニュースに巻き込まれたもの。無関係なアーティストのMVまで使うような滅茶苦茶なネトウヨ攻撃は9月末頃から始まり、ここ数週間で在特会、高須のようなレイシストが乗ってきた。BTSファンはずっとそれと戦っている。
「SNSで拡散された画像は昨年7月、有料動画サイトで公開された番組のワンシーンを画像として抜き出したものとみられる。」
右も左も関係なく
原爆Tシャツは
アウトだと思いますがw
日本の原爆被害を喜ぶ図案は 日本人として腹が立つが、何よりも韓国内でそのような図案を着る意図が人間として尊敬できない。しっかりした考えが有るなら何処ででも着るべき。金儲けの為に妥協するのは軽蔑する。防弾少年団:「原爆Tシャツ問題」の深層 -
やはりネトウヨの暗躍が原因か。
インターネット上に拡散される情報。自分の目と自分の耳と自分の鼻と情報の行間に住む感情を確認することもなくワンクリックで拡散していく。簡単に社会はファシズムを選択する時代に入った
無料部分しか読めてないけど、この「メンバーの一人が原爆の写真がプリントされたTシャツを着ていたことを理由に見送ると発表した」って書き方は違うだろ。問答無用で見送ったんじゃない。/
何の言い訳にもなっていない
反日と大量殺戮の肯定そのもの
深刻、かつ複雑な問題(2)
BTSに抗議する層は核兵器禁止条約加盟、核廃絶を推進するつもりがない人が多いだろうし、擁護している層はその逆だろうから、冷めています。これで日韓の感情的な対立が深まっても、核兵器を巡る状況が好転することもないでしょう。そんな冷めた記者が書いた渾身の4500字。
原爆Tシャツってこういうことだったのですね。テレ朝には、相当に過激で執拗な抗議があったのでしょう。彼らに万が一のことがあったらと考えると、決定は仕方ないかもしれません。期待するのは次世代の若者たちです。戦後まだ73年ですから。
反日なら日本来んなよ 日本人のファンのやつはそっち行け 所詮金だよこいつらも
BTS日本撤退はネトウヨのせいと決めつける毎日新聞はケツを拭く紙にもならないな/
歴史を知ることは何より重要。→
@kirikahe Tシャツ着てたの去年のことなんですね。
歴史教育の失敗 人間の影で、地面に跡がついたことすらあったのが、原爆の被害なのに。しかも、被害を受けたには日本人だけではない…
「…いがみあうのではなく、韓国の若者は『なぜ日本ではこれだけ原爆がセンシティブな問題なのか』、日本の若者は『なぜこのようなTシャツが韓国で作られたのか』について互いに思いをはせる機会になってくれれれば、本当はいいのですが……」
趣旨とは全然関係ないけど、記事中にある「10年ごろから始まったとされる東方神起、少女時代、KARAの第2次ブーム」がまさに私の世代だな…。ここにはSUPERJUNIORもいるんだ…。=
【毎日新聞】防弾少年団(BTS)「原爆Tシャツ問題」の深層 てっきり原爆Tシャツを着て出演しようとして拒否されたのかと思ったら「去年着ていた」という話だそうだ。頭がおかしい。ゼノフォビアでなくてなんだろう。むき出しの差別感情である。
韓国の7人組グループ「防弾少年団」。テレ朝は「ミュージックステーション」(Mステ)への出演を見送りました。一人が「原爆Tシャツ」を着ていたのが理由です。どのような経緯だったのか、そして、どう考えるべきなのか、当センター大村記者が取材しました。
「大衆文化を通じた交流は欠かせない。韓国にはもうついていけないと思う若い世代が現れたことは深刻に考えるべき。そうした考えはボディーブローのように長く影響し学生が親になったときに子供たちにも伝わっていく」
防弾少年団BTS「原爆Tシャツ問題」の深層
日韓の文化的な交流は「政治で摩擦が起こっても拡大していく」「だからこそ『韓国にはもうついていけない』と思う若い世代が現れたことは深刻に考えるべきです。そうした考えはボディーブローのように長く影響」(奥薗秀樹・静岡県立大大学院准教授)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR